関東週間天気 絶好のお花見日和も…注意のポイントは

tenki.jp

メイン画像 (18:40)tenki.jp

メイン画像 (18:40)tenki.jp

この先の関東地方は、晴れる日が続きそうです。桜の見ごろを迎えている所もあり、お花見には絶好の週となりそうです。ただ、お花見に雨具の出番はほとんどなさそうですが、大きい寒暖差などに注意が必要です。

お花見には最適の一週間に

きょう1日(月)の関東地方は大気の状態が不安定で、所々で雨や雷雨となりました。この原因となったのが、上空にこの時期としては強い寒気を伴った気圧の谷です。あす2日(火)になると、気圧の谷は次第に離れ、関東地方は高気圧に覆われる日が多くなる見込みです。あすは朝の通勤通学の時間帯は各地で晴れるでしょう。あさって3日(水)以降も、広い範囲で安定した晴れの天気が続きそうで、絶好のお花見日和となるでしょう。

寒暖差大きく、服装選びに悩む

この先は平野部では天気の崩れはない見込みですが、気温の変化は大きくなりそうです。2日と3日は最高気温が11度前後の予想です。また、冷たい北風が吹くため、さらに寒く感じられるでしょう。まだ冬物のコートを仕舞うのは早そうです。一方、4日以降は暖かな空気が流れ込み、日に日に気温が上がるでしょう。春本番の暖かさとなりそうです。なお、朝晩と日中の気温差も大きくなります。昼間は暖かくても、夜桜を見に行く際には寒さ対策が欠かせません。調節のしやすい服装を選ぶと良さそうです。

花粉もまだまだ油断できず

スギ花粉のピークは過ぎつつありますが、今度はヒノキの花粉が飛び始めています。この先は晴れる日が続くため、花粉の飛ぶ量も多めとなるでしょう。新年度やお花見などで外に出る機会が多くなる時期ですが、花粉症の方はマスクなどでしっかりと対策をした方がよさそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック