強い寒の戻り のあと 春風強まり荒天の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い寒の戻り のあと 春風強まり荒天の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


3日(水)にかけて寒さが戻る。その先、8日(月)にかけて気温が上がるものの、穏やかな日は少ない見込み。特に5日(金)頃は各地で南風が強まり、北日本を中心に交通に影響が出るほどの荒天の恐れも。

~3日 寒さ・積雪・凍結

きょう1日から3日にかけて、季節が冬に戻ります。
特に、あす2日は全国的に冷たい風が強めに吹いて、寒い一日となるでしょう。関東から西も、厚手の上着やマフラーなどが活躍しそうです。
北海道や東北に加えて、北陸の平地も広く雪になり、積もる恐れがあります。さらに、いま積雪がほとんどなくなっている、関東から中国地方にかけての山沿いにも断続的に雪雲がかかり、多い所では、1日で30センチくらいの雪が一気に積もりそうです。長野では山沿いに限らず平地も雪の積もる所があるでしょう。車の運転は路面状況の変化に十分な注意が必要です。急な雪に備えて、タイヤチェーンなど滑り止めを携行するようにしてください。
3日も寒さが続きますが、雪の降り方は落ち着いてくるでしょう。

5日頃 強い南風に要注意

4日は、強い寒気が離れます。全国的に寒さが和らぐでしょう。北風も収まり、日差しにホッとできそうです。その先は、気温は平年より高くなるものの、連日のように風が強めに吹くでしょう。
特に、5日~6日の前半にかけては、荒れた天気となる恐れがあります。低気圧が発達しながら北海道付近を通過するためです。北海道や東北、北陸は、雪ではなく広く雨となり、雨脚の強まることもあるでしょう。南風も強く吹きます。日差しのある関東から西も、南風が強まるでしょう。
北陸以北を中心に、関東周辺でも、交通に影響が出る可能性があります。今後の情報にご注意ください。なお、満開を過ぎた桜は、この強風で散ってしまうかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい