強い寒気の影響 広島県で積雪が増える 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い寒気の影響 広島県で積雪が増える

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


列島に強い寒気が流れ込んでいます。西日本も4月の雪となっていて、広島県では積雪が20センチ近くまで一気に増えた所があります。

広島県で午前0時にゼロだった積雪 一気に増えて正午は20センチ近くに

日本列島の上空に強い寒気が流れ込んでいます。気象衛星がとらえた雲の様子を見ると、日本付近には様々な種類の雲が見られます。九州の南や四国沖には筋状の雲が発生していて、上空の寒気が強い様子がわかります。また日本海には寒気を伴った気圧の谷の雲があり、中国地方や北陸、東北南部の日本海側に流れ込んで雪や雨を降らせています。中には発達した雲も含まれ、雪の降り方、雨の降り方が局地的に強まっています。広島県庄原市の高野では日付が替わってから(きょうになってから)断続的に雪が降っていて、午前0時に0センチだった積雪は、正午で18センチに。半日で一気に積雪が増えました。このあとも雪が降り、積雪がさらに増える恐れがあります。また、空気も冬のように冷えています。正午の気温は福岡と大阪はともに10度9分、広島9度3分、名古屋12度5分、東京12度9分、仙台4度1分、札幌4度6分などとなっています。正午の気温の平年値で比較してみると、ひと月ほど前の空気の冷たさという所もあります。寒気がジワジワ流れ込んでいます。このあと天気の急変する所が多くなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい