大気不安定 東日本の所々でゴロゴロ

tenki.jp

きょう(31日)、東日本は大気の状態が不安定となり、所々で雷雲が発生しています。茨城県や栃木県、新潟県などでは落雷も発生しており、今夜にかけて天気急変に注意が必要です。

上空に寒気 関東や北陸でゴロゴロと

きょう(31日)、日本の上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んでいます。この影響で、本州の日本海側では広い範囲で雨や雪が降っています。所々に発達した雨雲や雷雲もかかっており、新潟、富山、金沢など、北陸では落雷も発生しました。このあとも、日本海側では広い範囲で雨や雪の降る状況が続きますが、とくに北陸地方では、今晩遅くにかけて大気の非常に不安定な状態が続き、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、ひょうに注意が必要です。

関東北部も天気急変に注意

雷雲は太平洋側でも発生しています。これから夜桜見物に出かけようとしている方もいらっしゃるかもしれませんが、栃木県や茨城県では、今夜にかけて雷が鳴ったり、急に強い雨が降ったりする可能性があります。遠くで雷鳴が聞こえたり、冷たい風が吹いたりするなど、天気が急変するサインが見られた場合には、頑丈な建物の中に避難するなどして身を守りましょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック