桜前線みちのく入り でも週末は震える寒さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桜前線みちのく入り でも週末は震える寒さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


今週前半の春本番の暖かさに促されて、福島県いわき市小名浜で桜が、きょう3月29日開花(小名浜まちづくり市民会議事務局)しました。福島や仙台の桜の花芽もふっくらとして開花直前です。ただ、30日(土)から31日(日)は雪の降る寒さとなり、福島と仙台の桜の開花は4月になってからとなりそうです。

30日(土)強まる雪 路面凍結注意

2つの低気圧が東北地方に近づいてくるでしょう。南部は朝から雲が広がり、午後は雨の降るところが多くなりそうです。北部も天気は下り坂で夕方には雨や雪の降るところが多くなるでしょう。新生活の準備は、早い時間がおすすめです。また、東よりの風の影響で太平洋側の山沿いや内陸では降雪量が多くなりそうです。湿った雪に伴う路面状況の悪化(車のスリップに注意)や着雪、なだれなどにお気をつけください。

31日(日)落雷、突風に注意

低気圧が三陸沖で発達し、また、上空に寒気を伴った別の低気圧が東北地方を通過する予想です。このため大気の状態が不安定になり、雷雲が発達して、日本海側や北部を中心に雪や雨が強まるところがあるでしょう。落雷や突風にご注意ください。また、海上や沿岸では風が強まり波が高くなるでしょう。交通機関が乱れる可能性がありますので、移動の際には時間にゆとりを持ちましょう。

水道管や路面の凍結注意

30日(土)と31日(日)は最低気温、最高気温ともに平年より低いところが多いでしょう。北部や内陸を中心に朝晩は水道管の凍結(氷点下4度以下)するくらいの冷え込みになるところがあるでしょう。お休み前には水抜きをするなど、水道管凍結防止の対策が必要です。また、路面も凍結するところがありそうです。冬タイヤで走向し、タイヤ交換はもう少し先にしたほうがよいでしょう。すでにタイヤ交換をされた方は、バス、電車での移動をおすすめします。

新年度 雪降る寒さでスタート

4月1日新年度のスタートは、冬型のような気圧配置になる見込みです。上空に流れ込んだ寒気の影響で、日本海側を中心に雪や雨の降るところが多いでしょう。太平洋側も雲の多い天気で雨や雪の降るところがありそうです。雨や雪の降る日、風の強い日、新年度の月曜日は、交通機関や道路は混雑しがちです。新社会人の皆様は初出勤や、入社式の方も多いかと思います。時間と心に余裕を持って、早め早めの行動を心がけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい