暖かさは束の間 次第に寒さ戻る 北は平地も再び雪に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

暖かさは束の間 次第に寒さ戻る 北は平地も再び雪に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす26日も全国的に暖かさが続きます。ただ、27日には北日本で寒さが戻り、冷たい空気はジワジワ南へ広がるでしょう。

あすはきょうより暖かい 北陸や東北南部も上着がいらない程に

あす26日(火)は、前線を伴った低気圧が北海道付近を通過。この低気圧に向かうように、南から暖かい空気が流れ込みます。朝の気温は、全国的に今朝より高く、冷え込みは和らぐでしょう。日中の気温も、きょうよりさらに上がる見込みです。
北海道と東北北部は、低気圧や前線の影響で曇りや雨ですが、南風で気温が上がり、日中は10度を超える所が多いでしょう。日差しのある東北南部や北陸、関東から西は広い範囲で18度~20度くらいまで上がり、上着いらずの陽気となりそうです。

寒の戻り 北は27日(水)~ 東と西は29日(金)~

27日(水)には、北から冬の空気(秋田上空1500m付近で氷点下9度以下)が流れ込んできます。北海道や東北、北陸で寒さが戻るでしょう。北海道や東北北部は日本海側を中心に所々で雪が降り、その先、週末から週明けにかけても、たびたび雪雲がかかります。東北南部で雪になる日もありそうです。北海道に加え東北の平地も、再び雪が積もったり、凍結する所が多くなりそうです。このところ、積雪が0になったり、再び積もったり、を繰り返していますが、今後もしばらくは路面状況の変化に注意が必要です。
関東から西では、28日(木)にかけては気温が平年より高い状態が続き、この暖かさで桜が見ごろを迎える所も多くなるでしょう。ただ、冷たい空気がジワジワ広がり、29日(金)以降は一転して平年より低くなる見込みです。晴れる日の日中も15度に届かない所が多く、12度前後までしか上がらない日もあるでしょう。春本番の陽気に慣れたぶん、いっそうヒンヤリと感じられそうです。もうすぐ4月ということで、冬服を片づけたいところですが、まだもう少し待ったほうが良さそうです。特に、長時間のお花見では、ダウンコートやマフラーなどが活躍しそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい