関東 彼岸明けは日差し暖か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 彼岸明けは日差し暖か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう23日(土)は曇りや雨、みぞれの所もあり、真冬並みの寒さでした。24日(日)彼岸明けの日は日差しが戻り、昼間は暖かく感じられそうです。

気温差大 体調管理注意

きょう、23日(土)の関東地方は雲が多く、南部を中心に雨が降りました。日中も気温はほとんど上がらず、水戸市や千葉市では「みぞれ」を観測するなど、きのうの暖かさからは一転、真冬並みの寒さが戻りました。
「東京都心最高気温推移」をみると、きのうは23度9分まで上がりましたが、きょうの日中はほぼ横ばい。午後3時までの最高気温は8度8分と、一桁止まりでした。きのうとの差を気温で表すと、「約15度」あり、季節で例えると、「初夏から一転、真冬」に戻りました。あすはというと、東京都心の最高気温は15度と、真冬のような寒さからは解放されて、この時期らしい気温でしょう。きょうより6度くらい高く、この週末にかけては、寒暖の差がかなり大きくなりそうです。体が気温についていけず、体調を崩しやすいので、注意して下さい。

春の暖かな日差し

あすの関東と山梨の天気、朝は各地で青空が広がりそうです。日中も時折り雲がかかるくらいで、天気の崩れはないでしょう。お墓参りや咲き始めた桜を見に行くなど、外出にはよさそうです。最低気温はきょうより低い所が多いでしょう。宇都宮は0度と、きょうより3度くらい低く、内陸を中心に霜が降りるほどの冷え込みになりそうです。最高気温は15度前後まで上がる所が多いでしょう。きょうの日中の気温は、全般に5度から9度くらいで経過しましたので、きょうより5度以上高くなりそうです。朝は少し風の強い所がありますが、日中は弱まって、春の暖かな日差しを感じられるでしょう。

衣替えのタイミング?

この先一週間、関東地方の天気は晴れたり、曇ったり。火曜日は関東の南を低気圧が進む見込みで、南部を中心に雲が多く、コースによっては雨の降る時間もありそうです。木曜日も再び、別の低気圧が本州付近を通るため、天気が崩れる可能性があります。期間中、最高気温は平年並みか高いでしょう。月曜日と木曜日は平年より3度以上高くなる所が多い見込みです。暑さ寒さも彼岸までといわれ、これからは春物のコートや薄手の上着が本格的に活躍する時期に入ります。彼岸明けは衣替えのタイミングの目安にもなりますが、今週は木曜日の低気圧が通ったあと、金曜日頃は一時的に寒さが戻ってくる可能性があります。まだ、完全に冬物のコートをしまうには早いかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい