九州で副振動(あびき)発生 短い周期で海面が上下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州で副振動(あびき)発生 短い周期で海面が上下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


気象庁によると、きのう(21日)夕方から、九州で短い周期で海面が上下する副振動(あびき)が発生しています。海面昇降の山から谷の高さの最大値は長崎県長崎で約105センチ、鹿児島県枕崎で約110センチです。

顕著な海面昇降が発生

気象庁によると、きのう21日夕方から、九州北部地方から九州南部・奄美地方にかけてで顕著な海面昇降が発生しています。各地できょう22日10時までに観測された海面昇降の山から谷の高さの最大値と発生時刻および周期は以下のとおりです(値は速報値)。
地点           発生日時     山から谷の高さ  周期
長崎県長崎        21日20時40分頃  約105センチ  約30分
鹿児島県枕崎       21日20時05分頃  約110センチ  約15分
鹿児島県名瀬(海上保安庁) 21日17時55分頃  約95センチ   約15分
鹿児島県奄美(小湊)    22日01時25分頃  約95センチ   約15分
鹿児島県志布志(港湾局)  21日22時25分頃  約70センチ   約80分
鹿児島県種子島      21日21時20分頃  約70センチ   約20分
鹿児島県中之島(海上保安庁)21日20時40分頃  約70センチ   約5分
宮崎県油津        21日22時10分頃  約75センチ   約20分

副振動とは

この海面の昇降は「副振動」と呼ばれ、湾内や海峡などで時々発生します。今後も大きな海面昇降やこれに伴う強い流れが繰り返し発生する可能性があり、船舶や海上係留物等への被害のおそれがありますので注意してください。また、海岸及び河口付近の低い土地で浸水のおそれがありますので十分注意してください。

各地の満潮時刻は

各地のこれからの満潮と干潮の時刻は以下のとおりです。
地点            満潮        干潮
長崎県長崎       22日21時18分  22日15時16分
鹿児島県枕崎      22日20時25分  22日14時23分
鹿児島県名瀬      22日20時16分  22日14時08分
鹿児島県奄美      22日19時45分  22日13時34分
鹿児島県志布志     22日19時26分  22日13時15分
鹿児島県種子島     22日19時29分  22日13時19分
鹿児島県中之島     22日20時11分  22日14時04分
宮崎県油津       22日19時19分  22日13時08分


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい