22日(金) 北海道でふぶき 日本海側は気温急降下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

22日(金) 北海道でふぶき 日本海側は気温急降下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


22日(金)は、前線を伴った低気圧が、発達しながら北海道の東の海上へ進むでしょう。北海道では雪を伴って風が強まり、ふぶく所がありそうです。また、全国的に北よりの風が強まり、気温は日本海側で21日(木)より大幅に低くなるでしょう。

21日(木) 低気圧や前線に向かって暖かい空気が流入

21日(木)は、全国的にこの時期としては気温が高くなりました。午後5時までの最高気温は、大分市で26.7度を観測するなど、西日本ではことし初めて、最高気温が25度以上の夏日となった所がありました。

22日(金) 低気圧が発達 暖気と寒気が入れ替わる

22日(金)は、低気圧が発達しながら北海道の東の海上へ進むでしょう。寒冷前線が東の海上へ抜け、上空に寒気が流れ込む見込みです。

22日(金)の天気

北海道では雪を伴って風が強く吹き、ふぶく所があるでしょう。東北の日本海側や北陸も、雨が降ったりやんだりとなりそうです。関東から九州は、太平洋側を中心に晴れ間が出るでしょう。
最高気温は、日本海側で21日(木)より10度以上低くなる所が多い見込みです。気温の変化が大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。太平洋側は、21日(木)と同じくらいか低くなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい