週間 春分の日は荒天か 週末は寒さ戻る 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 春分の日は荒天か 週末は寒さ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


21日の春分の日は広く傘の出番で、雨や風が強まる所もありそうです。南風が強まり、近畿地方などで駆け込みの春一番が吹くかもしれません。また、この先は気温の変化が大きくなります。春本番の暖かさは長続きせず、週末は東京などでも寒さが戻りそうです。

あすの天気 西は大気不安定、北は荒れるおそれ

あす21日(木・春分の日)は日本付近を低気圧や前線が通過する見込みです。このため、全国的に天気が崩れるでしょう。九州から関東は午前中を中心に雨の降る時間があり、九州や中国、四国では雷の鳴る所もあるでしょう。落雷や突風に注意が必要です。東北や北海道は午後に雨雲がかかるでしょう。風が強まり、荒れた天気となるおそれがあります。最高気温は、九州から関東は広く20度前後、東北もほとんどの所で15度を超えるでしょう。日差しが少ないものの、日中は南からの暖かな空気に包まれそうです。

駆け込みの春一番も?

九州南部、中国、近畿、東海地方では、今シーズンはまだ春一番が吹いていません。ただ、あすの南風の吹き方によっては、春一番の発表があるかもしれません。日本海で低気圧が発達し、強い南風が吹くという条件(※)に当てはまる可能性があるからです。また、春一番は、立春から春分までと期間が決まっているため、もし発表があれば駆け込みの春一番となります。
※地方によって、春一番の発表条件となる風の吹き方や気温の基準が若干異なります。

あさって以降の天気 太平洋側の週末は日差しあり

22日(金)は低気圧が次第に東に離れ、西からは高気圧が張り出してきます。21日に雨の降る見込みの九州から関東も天気はゆっくりと回復に向かい、今週末は日差しの届く所が多いでしょう。北陸から東北、北海道は、日本海側は寒気の影響ですっきりしないものの、太平洋側は週末に日の差す所が多い見込みです。

あさって以降 気温の変化大きく 寒の戻りも

南からの暖かな空気の流れ込みは長く続かず、22日頃から今週末にかけては北から寒気が流れ込む見込みです。23日(土)と24日(日)は、22日までの暖かさが一転、全国的に気温がグッと下がる予想です。札幌は最高気温が5度を下回り、東京も11度くらいと寒の戻りとなりそうです。気温の変化が大きくなりますので、体調管理にお気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい