19日 関東 開花はまだ、でも先走る空気は春本番 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日 関東 開花はまだ、でも先走る空気は春本番

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今日(19日)の関東の最高気温は4月上旬から中旬並みに。ピークのスギ花粉に加えてヒノキ花粉も飛散。

空気はもう満開の頃のように暖か

【関東の天気(19日:火曜)】
今日(19日:火曜)の関東地方は南部や沿岸の地域ほど気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、雲が広がりやすいでしょう。ただ、日の差す時間もある見込みです。降水確率は午前、午後を通して低く、雲が広がっても雨が降ることはないでしょう。雨具を持たずにお出かけできそうです。北部の内陸の地域は晴れている時間が長く、日差しがたっぷりでしょう。風は各地で弱い見込みです。なお、関東ではスギ花粉の飛散がピークを迎えています。ヒノキ花粉も飛び始めているため、花粉症の方は万全な対策が必要です。また、紫外線も徐々に強まっているため、気になる方は紫外線の対策も念入りにした方が良いでしょう。
【関東の最高気温(19日:火曜)】
今日(19日:火曜)の気温は4月上旬から中旬並みの所が多いでしょう。関東各地から桜(ソメイヨシノ)開花の便りはまだ届いていませんが、最高気温だけでみると、早くも桜が満開の頃。まさに春本番の陽気です。日中は17度前後まで上がり春の装いを満喫できるでしょう。東京都心は18度の予想です。朝晩との気温差が10度くらいと大きくなり、寒暖差が体に堪えるでしょう。服装選びにお気を付け下さい。なお、明日(20日:水曜)はさらに気温が高く、22日(金)頃にかけて平年を上回る暖かさが続く見込みです。いったん、体が暖かさに慣れてしまうと、その後、平年並みの気温に戻った際に寒さを強く感じられます。新年度直前で忙しい時期ですが、体調を崩さないようにご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい