19日(火) 気温は広く4月並みに

tenki.jp

きょう18日(月)は春の彼岸入りです。暑さ寒さも彼岸までといいますが、あす19日(火)は、冬のような寒さはなく、最高気温は広く4月並みとなりそうです。

東~北日本中心に日差し

きょう(18日)は、高気圧の中心が次第に東へと離れて、西からは前線を伴った低気圧が近づいてきています。この低気圧や前線が、あす(19日)は、西日本の南を進むでしょう。沖縄は低気圧や前線が離れていくため、明け方に一時的に雨が降るものの、日中は晴れ間が広がるでしょう。九州も南部を中心に昼頃まで雨が降りますが、天気は次第に回復する見込みです。一方、低気圧や前線に近い四国は昼頃まで雨で、近畿は曇りや雨が続きそうです。中国地方では、雨や雪の降る所はなく、山陰を中心に日が差すでしょう。東海は日中いっぱい雲が広がりやすい見込みです。関東では南部を中心に雲が多く、千葉県では明け方にかけて一部で雨が降るでしょう。北陸と東北は日中は大体晴れる見込みです。北海道は、別の気圧の谷の影響で雲が多く、午前中は一部で雨や雪が降るでしょう。

気温朝から高め

あすの朝は、けさよりも気温の高い所が多いでしょう。最低気温は九州から東海ではきょうより4度前後高くなりそうです。東京はきょうよりやや高いくらいですが、北海道ではきょうより5度以上高く、札幌では4月下旬並みでしょう。札幌では今年になって一番気温の高い朝を迎えそうです。
最高気温は、西日本では、日差しが少ない高知や大阪では15度に届かないでしょう。福岡など晴れる時間が長い日本海側を中心に4月並みになりそうです。東日本では雲が多い名古屋は15度と、平年並みでしょう。東京は日の差す時間があり、18度と4月上旬並みで、ちょうど桜(ソメイヨシノ)が満開になる頃の暖かさになりそうです。仙台は17度と4月下旬並み、札幌は12度と4月中旬並みでしょう。

花粉対策万全に

スギ花粉の飛散は東日本を中心にピークを迎えています。外出する際に、マスクやメガネを身につけるだけでなく、花粉が付着しにくい服を選ぶようにしましょう。また、外出先から帰宅した際に、室内に花粉を入れないようにする対策も必要です。玄関に入る前に衣服やバッグなどについた花粉を払い落としましょう。普段より手間がかかりますが、まだまだ万全な対策を心がけて下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック