日本海側で『ひょう』を観測

tenki.jp

日本海側で『ひょう』を観測

メイン画像

きょう17日(日)は、上空に強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。日本海側を中心に発達した雨雲や雷雲がかかり、『ひょう』を観測した所があります。

金沢で『ひょう』を観測

きょう17日(日)、金沢地方気象台では午後1時35分に直径8ミリの『ひょう』を観測しました。金沢でひょうを観測するのは、ことし初めてです。

松江も『ひょう』を観測

また、松江地方気象台では午後2時58分に直径8ミリの『ひょう』を観測しました。松江でひょうを観測するのは、ことし初めてです。

こんやにかけては大気不安定

きょう17日(日)の夜にかけては、大気の不安定な状態が続く見込みです。急な強い雨、落雷や突風、ひょうに注意してください。あす18日(月)は、上空の寒気は抜け、大気の状態は安定する見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック