金曜 帰宅時にかけ強い雨や落雷 西日本も山は雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

金曜 帰宅時にかけ強い雨や落雷 西日本も山は雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす15日(金)、九州から近畿では昼頃から帰宅時にかけて強い雨や落雷に注意。16日(土)の朝は東海、関東でも雨脚が強まり、北陸は雪に。17日(日)にかけて低気圧が急速に発達し、風が急激に強まるでしょう。

また低気圧が急発達

あす15日(金)は早くも次の低気圧が日本海と沖縄付近に進んできます。上空に強い寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になって雨雲や雷雲が発達するでしょう。地上付近の気温が低く、西日本でも標高の高い所では雪になりそうです。低気圧は16日(土)にかけて本州を挟むように、それぞれ東へ進んで、17日(日)にかけては日本の東で急速に発達するでしょう。今週11日(月)に急発達した低気圧ほどではないものの、15日午前9時から16日午前9時までの24時間で中心気圧が28hPa下がり、いわゆる「爆弾低気圧」となる恐れもあります。

九州・中国・四国・近畿 強い雨や落雷注意 山は雪

あす15日(金)は西から天気が下り坂です。九州や中国地方では日本海側で昼頃から雨の降りだす所があるでしょう。四国や近畿も夕方から夜の帰宅時はあちらこちらで雨が降りそうです。カミナリが鳴って、短い時間に雨の降り方が強まる所もあるでしょう。ひょうが降ることも考えられます。お出かけの際に雨が降っていなくても傘をお持ちになった方がよさそうです。なお、中国、四国や近畿の山間部では雨ではなく雪の降る所があるでしょう。3月とはいえ、峠越えの車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。

東海・関東・北陸 雨脚強まる 雪にも注意

東海や関東は15日(金)の日中は晴れて、南風が強まりそうです。夜になると沿岸部で雨の降りだす所があるでしょう。16日(土)の昼頃にかけては雨・風ともに強まりそうです。体が濡れやすい雨となりますので、お出かけの際はタオルなど拭くものがあるとよいでしょう。なお、岐阜県の山間部や長野県、山梨県では雪になる所がありそうです。北陸も15日(金)の夜は雨や雪の降る所があり、16日(土)から17日(日)は平地も含めて雪が降るでしょう。

東北・北海道 太平洋側でも雪に 風が強まる

東北や北海道は、15日(金)は晴れ間の広がる所がありますが、16日(土)は雨や雪の降る所が多くなります。特に北海道では十勝地方や日高地方など太平洋側でも雪になり、降り方が強まるでしょう。はじめ東風が強く吹く所があり、次第に西風に変わって、広い範囲でさらに強まりそうです。17日(日)にかけて雪の量が多くなる所がありますので、気象情報はこまめにチェックしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい