関東青空続く 次第に風強まり花粉飛散多い

tenki.jp

きょう13日の関東は青空と春の陽気続くも、日中は風の強まる所が多い。花粉飛散多く、空気の乾燥対策も要注意。

関東 平野は晴天と強風 花粉警戒

きょう13日(水曜)の関東地方は、未明に茨城県内で雨が降りましたが、明け方までに通り過ぎました。青空の広がる所が多いでしょう。気圧配置は、きのうとは少し変化があります。西から高気圧におおわれるという型はほぼ同じですが、きょうは寒気を伴った気圧の谷が北海道や東北を通過しています。このため、朝から青空の所が多い関東地方ですが、日中は西寄りの風の強まる所が多くなります。夜は、やや強い寒気が流れ込む影響で、北部の山沿いでは雪になる所がありそうです。山越えルートを予定しているドライバーさんは、路面状況の変化にご注意下さい。きのうも花粉の飛散数は非常に多かったのですが、きのうに増して多く飛ぶ条件になります。花粉症の方は、念入りな対策をなさって下さい。周りに花粉症の方がいるご家庭や職場では、花粉症でない方も、室内に花粉を持ち込まない配慮をお願いします。やり慣れると簡単なことなのですが、玄関先で頭髪や衣服についている花粉をしっかり払い落としてから中に入る。これだけで十分配慮したことになります。きょうの関東平野には山越えの乾いた空気が吹き降りますので、空気のカラカラ具合は、きのうよりレベルアップです。きのうの東京都心は、最小湿度が36パーセントでしたが、きょうは20パーセント台になる予想です。火の元、火の取り扱いに十分注意をしましょう。乾燥肌の方は、お肌の保湿対策も気配りをなさって下さい。

関東 気温はきのう並みだが体感温度は低めに

けさの関東地方は、きのうの朝と同じかやや低い所が多くなっています。平年の気温に比べると高めの状態が続いていて、氷点下になっているのは、山沿いの一部だけです。日中の気温は、きのうと同じくらいの所がほとんどです。最高気温は18度前後の予想で、ガラス越しの日差しは、眠気を誘いそうな春の陽気が続きます。ただ、昼前後から強まる西よりの風は、体感温度を下げるでしょう。風速1メートル当たり1度が目安と言われます。セーターやスウェットだけでは、風通しが良すぎて肌寒く感じてしまうでしょう。きょうは風を防ぐジャケットやコートがオススメです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック