北海道 明日朝にかけて猛吹雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 明日朝にかけて猛吹雪に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今夜から明日(12日)朝にかけて、前線を伴う低気圧が北海道の南東海上を通過して、千島近海に達するでしょう。そのため、北海道の太平洋側東部を中心に猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に注意、警戒が必要です。

今夜から明日は大荒れに

太平洋側では明日朝にかけて、北東のち北の風が雪を伴い非常に強く、海は大しけとなるでしょう。東部を中心に猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒するとともに、大雪による交通障害や高潮による低い土地の浸水にも十分注意が必要です。また、日本海側やオホーツク海側を含む広い範囲でも大雪や吹雪による交通障害、高波、雪の多い傾斜地での雪崩などに注意して下さい。また、この時期としては上空の気温が平年よりも高い状態で雪が降るため、湿った雪による電線や道路標識などへの着雪にも注意が必要です。

一気に雪景色に変わる所も

稚内や釧路、帯広などでは現在積雪はありませんが、今夜から明日朝にかけての雪によって再び積雪状態となる所が多くなりそうです。札幌でも現在幹線道路などではほとんど雪がありませんが、車道、歩道ともに白くなっている可能性があります。明日朝は路面状況の変化や凍結路面などに注意し、時間にゆとりを持って行動した方が良いでしょう。また、交通にも影響の出る可能性があるため、最新の気象情報や交通情報を確認の上、お出かけ下さい。

風、波、雪の予想

<風の予想>
12日にかけての最大風速(最大瞬間風速) 北東のち北の風
太平洋側西部
海上 25メートル(35メートル)
陸上 20メートル(35メートル)
太平洋側東部
海上 23メートル(35メートル)
陸上 18メートル(30メートル)
その他の地域
海上 18メートル(30メートル)
陸上 15メートル(30メートル)
<波の予想>
12日にかけての波の高さ
太平洋側 6メートル
12日は、うねりを伴う見込みです。
<雪の予想>
11日18時から12日18時までの24時間降雪量
太平洋側東部  40センチ
オホーツク海側 30センチ


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい