あすにかけて雨・風強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あすにかけて雨・風強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


前線を伴った低気圧が日本の南にあって、発達しながら東北東へ進んでいます。この低気圧は、あす(11日)は関東地方の沿岸部を通り、三陸沖に進む見込みです。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、関東地方は大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

こんや遅くからあす夕方 大荒れのおそれ

関東地方と伊豆諸島では、海上を中心に非常に強い風が吹くでしょう。関東地方の陸上でも、強い風の吹く所がある見込みです。
あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方の海上で23メートル(35メートル)、陸上で18メートル(30メートル)、伊豆諸島で23メートル(35メートル)です。関東地方と伊豆諸島では、強風にご注意ください。
また、こんや遅くからあさって(12日)はじめにかけて、海上はうねりを伴ってしけるでしょう。あすにかけて予想される波の高さは、伊豆諸島で5メートル、茨城県と千葉県外房で5メートル、相模湾で4メートル、東京湾(神奈川県三浦半島)で2.5メートルです。船舶や海岸付近の施設では高波にご注意ください。

雷・突風にも要注意

10日夜遅くから11日昼前にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しは、夜お休みの間は「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「遠くで光っている」がサインで、日中は「急に暗くなる」「急に冷たい風が吹く」場合もサインになります。朝の通勤通学の時間帯などは、頑丈な建物内に移動するなど身の安全確保に努めましょう。ひょうが降ることも予想されますので、農作物や農業施設の管理などにも要注意です。できれば、きょう中に対策をなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい