春の嵐 激しい雨や横殴りの雨 月曜にかけ暴風に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春の嵐 激しい雨や横殴りの雨 月曜にかけ暴風に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう10日(日)は西日本を中心に雨で、局地的に激しい雨や雷雨。あす11日(月)は東日本にかけて大雨や暴風のおそれ。通勤通学に影響が出ることも。

西日本 激しい雨や雷雨 暴風に警戒

きょう10日(日)は2つの低気圧が発達しながら日本付近を進みます。沖縄や九州南部では、既に雨や風が強まっています。このあと雨の範囲は次第に東へと広がるでしょう。次第に四国や中国の広い範囲で雨が降り、昼頃からは雨脚が強まり、雷を伴って激しく降る所がありそうです。近畿も昼前から雨が降り出すでしょう。東海や北陸は午後は次第に雨が降る見込みです。関東は日中は日の差す所もありますが、天気はゆっくり下り坂で、夜は広く雨が降る見込みです。お帰りが遅くなる方は雨具が必要です。東北は日中はおおむね晴れますが、雨の降る所がありそうです。北海道は大体晴れるでしょう。九州から関東は日差しがない割には、日中は厳しい寒さはなさそうです。最高気温は九州から東北まで10度以上で、15度を超える所もあるでしょう。

月曜の朝の通勤通学に影響か

あす11日(月)は、週明け早々、通勤、通学の足に影響が出そうです。九州や四国は朝には止んでいる所がほとんどですが、四国や近畿、東海は朝まで雨や雷雨の所が多いでしょう。関東は午前中いっぱいは広く雨で雷を伴う所もありそうです。東北も朝から雨で帰宅時間も雨の続く所がありそうです。北海道は天気は下り坂で、午後は次第に雪や雨が降るでしょう。特に東日本から北日本の太平洋側で風が強まりますので、暴風に警戒が必要です。雨脚も強まり、横殴りの雨や土砂降りの雨になる所もあるでしょう。傘をさしていても濡れてしまうこともありますので、朝の通勤、通学の際、傘はしっかりした大きめの傘、レインコート、レインブーツをご用意ください。また、交通機関に影響が出るおそれがあります。朝は時間に余裕を持ってお出かけください。月曜にかけて雨が降り続き、大雨となる恐れがありますので、低地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意、警戒してください。また積雪の多い所はなだれが発生しやすくなりますので、ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい