桜前線まであと10日 満開も予想 日本気象協会発表 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桜前線まであと10日 満開も予想 日本気象協会発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


2019年の桜前線は17日に福岡からスタートする予想。今回から予想満開日も発表しています。7日、日本気象協会発表の第3回桜開花予想です。

開花と満開の傾向

2019年の桜の予想開花日は、全国的に平年より早い予想です。前回予想(2月21日発表)よりは1日程度遅くなったところもありますが、桜前線は3月17日に福岡からスタートし、18日には高知や愛媛県宇和島で開花するでしょう。東京の予想開花日は3月21日です。3月末までに西日本や東日本の広い範囲で開花し、4月上旬には平年より1週間早く、新潟や長野、仙台で、4月中旬には東北北部で開花するでしょう。桜前線は4月下旬には津軽海峡を渡り、札幌でも4月30日には開花する見込みです。
この冬(12月~2月)は、寒気の流れ込みが持続せず、西日本を中心に気温が平年よりかなり高くなりました。暖冬の影響で西日本の一部で休眠打破が遅れたと考えられます。ただ、春の歩みは早く、3月にかけて気温は高い予想で全国的に桜の開花は平年より2日から9日早いでしょう。
満開日は開花日の1週間から10日くらいで、平年より2日から7日早いところが多い見込みです。予想満開日が最も早いのは高知で3月27日です。3月末から4月上旬にかけて九州から関東で満開になるところが多いでしょう。
※休眠打破:前年の夏に形成され休眠に入った花芽が、冬になり一定期間の低温にさらされて目覚めること各地の詳しい開花・満開予想日はtenki.jpの桜開花予想ページをご確認ください。
https://tenki.jp/sakura/expectation/
各地点の桜の開花状況についてはtenki.jpの桜開花情報ページをご確認ください。
https://tenki.jp/sakura/


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい