あす 早くも傘の出番 7日は荒れる恐れも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 早くも傘の出番 7日は荒れる恐れも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう5日は、全国的に柔らかい日差しが降り注ぎ、春の陽気となりました。ただ、晴天は長続きせず、早くも西から天気は下り坂です。あす6日(水)からあさって7日(木)にかけては低気圧が本州の南側を通過するため、再び雨。局地的に雨が激しく降ったり、風が強まって、荒れることも。

予想天気図(あす6日・あさって7日)

きょう5日は、高気圧が日本列島をすっぽりと覆ったため、北から南まで広く晴れました。ただ、同じ天気が長続きしないというのがここ最近の特徴です。
あすは高気圧が東へ移動し、西から低気圧や前線が近づく予想で、天気は下り坂に向かいます。
この低気圧がやや発達しながら本州の南側を通過するため、7日(木)にかけて再び傘の出番。局地的に雨が激しく降ったり、風が強まり、荒れた天気になるかもしれません。

あす6日(水)全国の天気

沖縄は、午前を中心に雨が降り、活発な雨雲がかかって、激しく降ったり雷雨になる所があるでしょう。九州も次第に雨が降り、鹿児島など南部では激しい雨や落雷に注意が必要です。四国・中国地方や近畿も午後は次第に雨雲がかかります。東海、北陸、関東は日中は曇り空で、日差しが少なくなります。夜、お帰りの頃は広い範囲で雨が降りますので、お出かけには雨具があると良さそうです。東北と北海道も天気は下り坂で、午後は日本海側を中心に傘の出番。北海道では湿った雪になる所がありそうです。

7日(木)全国の天気

強い雨の範囲が東へ移動します。夜明け頃には関東と紀伊半島付近に発達した雨雲がかかり、朝の通勤・通学の時間帯は局地的に雨脚が強まりそうです。また、東日本の沿岸部を中心に東~北寄りの風が強く吹いて、通勤・通学の足に影響が出るかもしれません。低気圧が離れた後も北東からの湿った空気が流れ込む関東~東北の太平洋側では雨雲がかかりやすいでしょう。冷たい空気が引き込まれ、6日よりも気温の上がり方が鈍く、仙台などでは前日差が大きくなります。
寒暖差や雨上がりの花粉飛散による体調の管理にも十分注意する必要があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい