帰宅は関東で雨ピーク 日曜さらに雨風強い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帰宅は関東で雨ピーク 日曜さらに雨風強い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょう28日(木)は、夜にかけて関東で雨脚の強まる所があります。3日(日)は再び西から雨が降り、4日(月)にかけては風が強まり荒れた天気となるでしょう。

関東は夜にかけて雨のピーク

28日(木)は、前線を伴った低気圧が四国沖から本州南岸を東へ進み、雨の範囲も西から東へと広がりました。すでに西から雨はやんでいますが、関東は夕方から夜の帰宅時間が雨のピークとなるでしょう。一時的に雨脚の強まる所もありそうです。雨雲の動きが予想より早いため、西から降り方が弱まり、夜遅くなるとやむ所が多くなるでしょう。

晴天続かず 天気変化早い

3月1日(金)は、低気圧が日本の東へ進み、西から次第に高気圧に覆われます。日本海側は寒気の影響で雲の広がる所がありますが、日中は広い範囲で日差しが届くでしょう。九州から関東では雨上がりで気温が上がり、花粉の飛ぶ量が増えそうです。花粉症の方は対策を忘れないようにしましょう。2日(土)も高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、高気圧の中心は足早に日本の東へ移動します。西からは早くも次の低気圧が進んできて、西から天気は下り坂に向かうでしょう。九州は夜になると雨が降りそうです。

日曜から月曜は荒れた天気に

3日(日)は、九州や中国、四国は広く雨で、近畿や東海、北陸も昼前には雨の降りだす所があるでしょう。太平洋側を中心に雨の降り方が強まりそうです。関東も午後は雨が降り、雨の範囲はさらに北にも広がるでしょう。この低気圧は、きょうの低気圧より「発達する」というのがポイントです。このため4日(月)にかけては全国的に風も強まり、太平洋側を中心に荒れた天気となるでしょう。低気圧の進む位置や速度、発達具合はまだ変わる可能性がありますので、最新の情報を確認してください。

来週も傘の出番が多い

なお、来週も天気の変化が早く、6日(水)から7日(木)には、またまた次の低気圧がやってきて雨を降らせます。天気予報をこまめにチェックして、洗濯のタイミングを逃さないよう、お気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい