早朝の通勤と帰宅時 雨強まる 木曜の関東

2019/02/27 19:17

メイン画像
メイン画像
関東地方は28日(木)、お出かけの際に雨が降っていなくても傘をお持ちください。早朝には沿岸部で雨脚が強まります。いったん雨がやんでも、すぐに次の雨雲がかかり、夜は再び降り方が強まる所があるでしょう。 水曜 夜遅くに雨
画像A
画像A
27日(水)、関東地方は南海上が気圧の谷となっており、夜遅くなるほど雨雲がかかりやすくなります。午後5時現在、すでに三浦半島や房総半島の一部に雨雲がかかっており、雨の範囲はじわりじわりと北に広がります。夜9時頃には関東南部を中心に雨の降る所が多いでしょう。お帰りが夜遅くなる方はtenki.jpの雨雲の動きや、豪雨レーダーをチェックするとよさそうです。なお、山沿いでは雪になる時間もありますが、降る量は少ない見込みです。 木曜 いったん雨やんでも油断大敵
画像B
画像B
28日(木)は、明け方にかけて雨の降る所が多くなりそうです。関東の南海上に低気圧が発生するため、本降りの雨となる所もあり、千葉県では朝にかけてカミナリを伴って雨脚の強まる所があるでしょう。特に発達した雨雲がかかるのは千葉県南部で、未明には激しく降る所がありそうです。低気圧は次第に関東から離れるため、雨はいったんやむでしょう。都心など、朝の通勤時にはすでに雨がやんでいる可能性があります。ただ、別の低気圧が早くも西から近づき、昼ごろから再び雨雲がかかります。夜にかけて雨の降る所が多く、傘が手放せない一日となるでしょう。帰宅時には再び沿岸部で雨脚が強まりそうです。通勤時など、お出かけの際に雨が降っていなくても、傘を忘れずにお持ちください。また、沿岸部を中心に風もやや強く、雨が斜めに降ってくる所もあるでしょう。傘を差していても、足元やコートがしっとり濡れてしまうかもしれません。 日差し少なく寒い 日中は日差しがほとんどなく、気温も上がりません。最高気温は10度前後と、この時期らしい寒さが続くでしょう。お出かけは厚手のコートがよさそうです。また、足元を拭くタオルなどをお持ちになって、雨に濡れて体を冷やさないよう、お気をつけください。

あわせて読みたい

  • 18日 お帰り時間の傘予報 雨具の必要な所は?

    18日 お帰り時間の傘予報 雨具の必要な所は?

    tenki.jp

    3/18

    月曜日 雨の中心は次第に北へ

    月曜日 雨の中心は次第に北へ

    tenki.jp

    5/3

  • 9日 お帰り時間の傘予報 夜は雨の中心が東北や北海道へ

    9日 お帰り時間の傘予報 夜は雨の中心が東北や北海道へ

    tenki.jp

    11/9

    関東 沿岸部中心に雨雲 午後も所々で雨

    関東 沿岸部中心に雨雲 午後も所々で雨

    tenki.jp

    3/7

  • 水曜の朝は傘を 雨脚の強まる所も

    水曜の朝は傘を 雨脚の強まる所も

    tenki.jp

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す