台風2号「ウーティップ」は今後どう進む 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風2号「ウーティップ」は今後どう進む

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


台風2号は午前6時現在、中心気圧は915hPaで「猛烈な」勢力です。動きが遅く、あす(27日)もフィリピンの東でほとんど停滞する見通しです。

今後、勢力はどうなる??

台風2号「ウーティップ」は午前6時現在、フィリピンの東を北北西へゆっくり進んでいます。中心の気圧は915hPaで猛烈な台風です。(2月に台風が猛烈な勢力になるのは、最大風速のデータがある1977年以降で初めてです。)
動きが遅く、あす(27日:水曜)もフィリピンの東でほとんど停滞するでしょう。勢力は少し衰える見通しですが、それでも「強い」勢力であることが予想されます。3月1日(金)頃にかけては西寄りに進み、その後は次第に進路を北寄りに変える見通しです。5日先の予報円は大きく、フィリピン方面へ向かうか、台湾方面へ向かうか、または沖縄方面へ近づいてくるかなど、予報に幅があります。沖縄地方はもちろん、出張や旅行などでフィリピン、台湾方面へ向かう方も最新の情報でご確認ください。なお、沖縄の大東島地方ではあす(27日:水曜)の午後は台風2号からのうねりが入り、波が高くなりそうです。ご注意下さい。
2月21日(木)に吉田友海予報士も書いてありますが(「台風2号 2月では珍しい発達予想」という記事です)現在、気象庁から発表される台風進路予報は5日先までですが、強度予報(中心気圧、最大風速、最大瞬間風速、暴風警戒域等)は3日先までとなっています。3月14日12時以降に発生した台風から、この強度予報も5日先までに延長して発表され、台風の暴風域に入る確率も5日先まで延長されることになりました。これまで以上に、台風への備えを早めにとることが出来るでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい