今年の夏 エルニーニョで天候不順か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の夏 エルニーニョで天候不順か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今年の夏(6~8月)は、北海道から九州では平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。気温はほぼ平年並みの見込みです。沖縄・奄美は梅雨の降水量が平年並みか多く、気温は平年並みか高いでしょう。25日発表の暖候期予報をもとに、今夏の天候の特徴についてまとめました。

予想される海洋と大気の特徴

夏にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高くなっています。ニューギニアの東から太平洋東部では海面水温が平年より高く、積乱雲の発生が多い一方で、インド洋北部からフィリピンの東では、積乱雲の発生が少ないでしょう。偏西風は日本付近で平年より南を流れ、太平洋高気圧の日本付近への張り出しは弱い見込みです。地球温暖化の影響などにより、全球で大気全体の温度が高いでしょう。

北海道から九州 夏らしくない夏か

北海道から九州(奄美を除く)の今年の夏は、梅雨前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。6月と7月は梅雨らしく曇りや雨の日が多く、梅雨時の降水量はほぼ平年並みの見込みです。8月は平年に比べて晴れの日が少ないでしょう。盛夏を迎えても、太陽がギラギラと照りつける夏らしい日はあまり長くは続かないかもしれません。ただ、気温はほぼ平年並みの見込みです。晴れれば夏らしく猛烈な暑さとなる日や寝苦しい夜となったり、曇りや雨なら蒸し暑い日が多くなったりする可能性もあります。今のところ極端な高温傾向とはなっていないものの、今後は3か月予報など最新の情報を確認してください。

沖縄・奄美 梅雨に雨が多く、盛夏は高温

沖縄・奄美は、梅雨の時期は平年に比べて曇りや雨の日が多く、降水量は平年並みか多い見込みです。梅雨が明けると太平洋高気圧に覆われやすく、平年と同様に晴れる日が多いでしょう。気温は平年並みか高くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい