荒天のち南岸低気圧 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

荒天のち南岸低気圧 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


先週は寒気が居座り、厳しい寒さが続いていましたが、一転、今週から来週は、東北地方も気温の高い傾向が続きそうです。気温が春らしくなると同時に、天気も周期的に変化し、たびたび荒れた天気となる日があります。東北地方には、あす20日(水)は再び寒気が入り、北部で雨や雪が強まって、カミナリの鳴る所もあるでしょう。そして、週末は南岸低気圧の影響で、南部でも広く雨や雪が降る見込みです。

きょう低気圧接近

きょう19日(火)夕方以降は、広い範囲で天気が崩れるでしょう。東北地方にまで暖かく湿った空気が流れ込み、南から雨雲が近づいて、東北南部から雨が降りだしそうです。夜には東北北部でも降りだしますが、気温が下がってくるので、北部の内陸では湿った雪の所が多いでしょう。降り方の強まる所もありそうです。着雪などによる被害にご注意ください。

あす低気圧通過

あす20日(水)夜には、上空に寒気を伴った低気圧が東北北部を通過するでしょう。一気に北上していた寒気が、再び東北地方に流れ込むため、大気の状態が不安定となりそうです。東北北部や日本海側ではカミナリが鳴ったり、局地的に強く雨や雪が降って、荒れた天気となるおそれがあります。落雷や突風、天気の急変などにご注意ください。

週後半は気温上昇

寒気は一時的で、21日(木)、22日(金)にかけては高気圧圏内となるでしょう。晴れるところが多く、気温も平年を上回る暖かさになって日差しには春を感じられそうです。ただ、積雪の多い地域では、なだれや屋根からの落雪に十分な注意が必要となります。また、雪解け水によって河川が増水したり、住宅の浸水被害をもたらすこともあります。地盤が緩んで土砂災害も起こりやすくなりますので、十分に気を付けてお過ごしください。

週末は南岸低気圧

週末は、東北南部で雨や雪となる予想です。前線上に発生する低気圧が本州の南岸を進んでくるため、東北南部で天気が崩れ、福島県や宮城県の沿岸部を中心に広く雨、内陸部では湿った雪が降るでしょう。東北地方は、雨や雪が降ったり、晴れたりを繰り返しながら、季節が進んでいきそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい