厳しい寒さ解消 春の足音が次第に近づく

tenki.jp

きょう16日は、北風がやや強めに吹くことはあるものの、気温は全国的にきのうより上がり、厳しい寒さは解消。この先、日ごとに春めいてきそう。

きょう16日 寒さ和らぐ 特に関東はきのうより大幅up

ここ一週間あまり、広い範囲で真冬の寒さ続いていましたが、ようやく出口が見えてきました。
きょうは、天気分布は「冬」で、沿岸部を中心に北風がやや強め。ただ、強い寒気の流入はナシ。日中の気温は全国的に平年並みか高く、厳しい寒さから解放されるでしょう。
【天気】
北海道は、今朝は主に南西部で湿った雪が降っており、昼前にかけて続くでしょう。午後は晴れ間が広がる見込みです。東北は、日本海側は雪や雨が降ったりやんだりです。沿岸部を中心に風がやや強く、ふぶく所もあるでしょう。太平洋側はおおむね晴れそうです。一部に雪雲が流れ込みますが、短い時間でしょう。北陸は断続的に雨や雪が降ります。カミナリを伴う所もあるでしょう。関東と東海は広く晴れる見込みです。近畿の日本海側と山陰は雲が多く、ときおり雨や湿った雪が降ります。近畿の太平洋側と山陽は日差しがあるでしょう。四国と九州は昼頃から晴れそうです。沖縄は雲が多く、所々で雨が降るでしょう。
【最高気温】
北海道は真冬日から解放されて、プラスの気温の所が多くなるでしょう。東北は太平洋側を中心にきのうより高く、10度くらいまで上がる所もありそうです。北陸はきのうと同じくらいで、6度前後の予想です。関東は13度前後と、きのうより10度近く上がり、日差しにホッとできそうです。東海と近畿も寒さが和らぎ、10度を超えるでしょう。中国、四国、九州はきのうと同じか高く、太平洋側は5度くらい高くなる所もありそうです。沖縄は、きのうほどは上がらないものの、きょうもこの時期としては高めで20度を超える見込みです。

次第に春めく

あす17日(日)は高気圧に覆われてきます。広い範囲で穏やかに晴れて、日本海側の雪や雨も次第に止むでしょう。その先、次の週末にかけて、天気はほぼ2日サイクルでコロコロと変化します(詳細は下のリンク「この先10日間の天気」をご覧ください)。20日(水)頃と23日(土)頃は全国的に天気が崩れるでしょう。ただ、これまでとは違い、広く雪になるのは北海道のみで、東北は「雨」の所が多くなりそうです。気温は、全国的に平年並みか高く、特に20日(水)前後は4月並みとなるでしょう。
春の足音が近づくのは嬉しいですが、注意が必要なこともあります。まずは「花粉」です。気温の上昇で、花粉の飛ぶ量が急に増えるおそれがありますので、症状の出やすい方は対策を心掛けましょう。もうひとつは「ナダレ」です。山では、気温の上昇や、たびたび降る雨により、ナダレの危険性がいっそう高まります。また、雪の多い地域では、屋根からの落雪にも十分お気を付けください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック