週間 金曜は太平洋側で雨や雪 花粉飛散は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 金曜は太平洋側で雨や雪 花粉飛散は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


週末にかけては、日本付近を東に進む2つの低気圧に左右されそうです。太平洋側でも傘の出番があるでしょう。また、日本の南を東進する低気圧のコースによっては、関東などの平地でも雪の降る可能性があります。

あすの天気

あす14日(木)は、日本付近は高気圧に覆われるでしょう。ただ、日本海側は寒気の影響ですっきりせず、午前中を中心に雪や雨が降りそうです。北陸では雷の鳴ることもあるでしょう。太平洋側も、気圧の谷や寒気の影響で雲が広がる所がある見込みです。日差しの届く時間はありますが、九州では昼前後を中心に雨となりそうです。

あすの気温

広い範囲で日中も厳しい寒さとなるでしょう。最高気温は、九州や四国で10度に届く所が多いものの、中国地方から関東ではほとんどの所で10度を下回る予想です。北寄りの風が吹く所が多く、しっかりとした寒さ対策が欠かせません。また、東北は北部を中心に0度前後、北海道は全道で真冬日と、凍える寒さでしょう。朝晩も厳しい冷え込みで、北海道では水道の凍結、そのほかの地域でも路面の凍結に注意が必要です。

あさって以降の天気

あさって15日(金)から週末にかけては、日本海と日本の南をそれぞれ東進する低気圧に左右されそうです。15日は全国的にすっきりせず、日本海側では雪や雨、太平洋側でも九州から近畿を中心に雨が降るでしょう。関東の沿岸部の一部にも雨雲がかかりそうです。雨が主体となりそうですが、平地でも雪のまじることがあるかもしれません。一方、16日(土)と17日(日)は、太平洋側を中心に晴れるでしょう。ただ、東北は低気圧が通過するため、雪となる所が多い見込みです。なお、15日には寒気の底は過ぎるものの、週末にかけても寒さが続きます。関東から西でも最高気温は10度くらいのため、週末も暖かくしてお過ごし下さい。

花粉 九州で「非常に多い」予想も

本格的な花粉の季節になりつつあります。この先の花粉飛散予想をみると、15日は九州で「非常に多い」予想となり、その後も週明けにかけて「多い」予想となっています。すでに目の痒みや鼻のムズムズが始まっている方もいらっしゃると思いますが、この先は花粉の飛ぶ量はだんだんと増えていきます。花粉症の方は、早め早めの対策を心掛けましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい