関東 金曜日の予報が雪に変わる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 金曜日の予報が雪に変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう12日(火)の関東は、南部は午前中を中心に晴れて、北部では午後も日差しがたっぷり届きました。あす13日(水)も日中は晴れますがこの晴天は長くは続かず、今週後半には、また関東で雪の予報が出ています。

晴天続かず、寒さは続く

あす13日(水)も本州付近は冬型の気圧配置が続きます。関東は日中は晴れる所が多いでしょう。しかし、この晴天も長くは続きません。あさって14日(木)以降は、関東の南に前線や低気圧が進む見込みです。14日(木)と15日(金)は南部を中心に雲が広がって、雨具の必要な所も出てくるでしょう。最高気温は14日(木)と15日(金)は10度に届かない所が多く、真冬のような寒さが続きそうです。

金曜日、また雪が降る?

今週、雨具が必要なのは、15日(金)です。関東南部や沿岸の地域で雨雲のかかる所があるでしょう。千葉県や茨城県では予報が変わって雪マークが付きました。沿岸の地域でまた雪が降ることになるかもしれません。関東に雪を降らせる「関東沖を進む低気圧」は、その予想が難しく、今後も予報が変わる可能性もあります。必ず最新の情報を確認し、雪の予想が続く場合には路面状況の変化などにご注意ください。
週末16日(土)から17日(日)は日差しが戻りますが、最高気温は10度前後の所が多いでしょう。週明け18日(月)から19日(火)は高気圧に覆われて、広く晴れる見込みです。最高気温は12度から14度くらいまで上がる所もあって、寒さも緩んでくるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい