日曜は冷たい北風 連休最終日は再び雪や雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日曜は冷たい北風 連休最終日は再び雪や雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


寒気の影響はしばらく続きそうです。10日(日)は太平洋側の地域に晴れ間が戻りますが、全国的に冷たい北よりの風が吹くでしょう。11日(月)は再び広く雨や雪が降る見込みです。

10日(日) 広く北風 西日本の日本海側は強風

10日(日)は、日本付近は冬型の気圧配置となり、全国的に北よりの風が吹く見込みです。9日に雪や雨の降った地域では、朝は路面が凍結する所がありますので、車の運転などは注意が必要です。最高気温は9日より高くなる所もありますが、それでも真冬の寒さの所が多いでしょう。お出かけは風を通しにくい服装で、寒さ対策をしっかりとなさって下さい。
北海道から北陸には日本海から雪雲が流れ込みます。近畿の日本海側から九州北部は雲が多いでしょう。雪や雨の降る所があり、強風や風雪に注意が必要です。一方、北海道から九州の太平洋側では晴れ間の広がる所が多いでしょう。

11日(月) 太平洋側で再び雨や雪

11日(月)は低気圧が日本海と四国の南をそれぞれ東へ進む見込みです。九州から近畿にかけて雪や雨が降るでしょう。北陸周辺など日本海側では、大気の状態が不安定となり、一時的に発達した雪雲のかかる所があるかもしれません。関東の南にも低気圧が発生し、東へ進むでしょう。午前中は関東の平野部に再び雪雲がかかる可能性があります。今のところ、関東の平野部で雪が降り続いたり、強く降ったりすることはない予想です。東北や北海道の日本海側は雪雲の流れ込みが続くでしょう。東北では、夜は上空の気圧の谷の接近に伴い、太平洋側でも広く雪となりそうです。夜遅くは低気圧の接近、通過にともなって雪が強まる所があるでしょう。三連休最終日のお出かけは寒さだけでなく、各地で雪や雨にも気を配る必要があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい