関東北部 10日未明にかけ大雪注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東北部 10日未明にかけ大雪注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


関東南部では大雪のおそれがなくなりましたが、北部では10日未明にかけて、引き続き大雪に注意して下さい。

再び雪雲かかる

きょうは千葉県など早い所では、明け方から雪が降って、うっすらと雪の積もっていた所がありました。昼頃にかけては関東の広い範囲に雪雲がかかって、千葉市や茨城・つくば市で、最大2センチの積雪となりました。
現在(16時頃)、まとまった雪雲は東の海上へと離れて、雪や雨の降っている所はほとんどありません。雪のピークが過ぎて、東京都心など南部の大雪のおそれはなくなりました。ただ、これから夜にかけては、寒気を伴った気圧の谷が関東地方を通過するため、北部を中心に再び雪が降りそうです。あす夕方までに降る雪の量は多い所、関東北部平野部で5センチ、関東北部山沿いで15センチです。特に降雪量が多く予想されているのが山沿いです。大雪となるおそれがありますので、引き続き、注意して下さい。

路面の凍結注意

きょうの関東地方は、多くの所でこの冬、最も気温が上がらず、東京都心も日中は0~1度くらいと凍えるような寒さとなりました。あすの朝にかけても気温はほぼ横ばいか、内陸を中心に冷え込みが強まりそうです。予想される最低気温は、東京都心や千葉市で0度、横浜は1度、さいたまは氷点下1度、前橋は氷点下2度、宇都宮と水戸は氷点下3度です。雪が積もった所では、カチカチになったり、路面が濡れている所では、凍って滑りやすくなります。大雪は生活に大きな影響を与えますが、路面の凍結も転倒事故や交通事故が発生する確率が高くなります。連休で、お出かけを予定している方、特に普段、車の運転をされない方は、慎重に行動して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい