関東 9日の雪の見通しと注意点 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 9日の雪の見通しと注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


3連休初日にあたる9日土曜日は、関東地方の広い範囲で雪が降り、東京23区でも積もる所があるとみられます。大雪により交通機関に大きな乱れが発生することが予想されますので、最新の気象情報をご確認ください。

大雪に関する関東甲信地方気象情報

9日土曜日は、東日本の上空約1500メートルに氷点下6度以下の寒気が流れ込む予想です。また、9日は伊豆諸島付近に低気圧が発生し、発達しながら東北東へ進むものと見られます。このため、関東甲信地方は、広い範囲で湿った雪が降り、山沿いを中心に平野部でも積もる見込みです。東京23区でも積雪となる所があり、予想より降水量が多くなった場合、大雪となる恐れがあります。

日本気象協会18時発表 9日の天気予報

天気マークでは前橋を除く地点で雪や雨がついています。内陸部を中心に本格的な雪になる見通しです。一日の気温差が小さく、日中は気温がほとんど上がらない見込みです。先ほど中川予報士が書かれた記事過去最強クラスの寒波 関東も激寒の三連休にあるように「今季最も気温が上がらない日」となる見通しです。
9日は3連休初日にあたります。行楽地へ出かける方や、大学受験のため首都圏に移動される方がいらっしゃるかと思いますが、大雪により交通機関に大きな乱れが発生することが懸念されます。最新の気象情報やご利用の交通機関の運行情報を随時ご確認の上、時間にゆとりを持った行動を心掛けましょう。また、路面の凍結や、電線樹木への着雪にも十分ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい