6日 広く雨や雪 都心は体感氷点下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 広く雨や雪 都心は体感氷点下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう6日(水)は、日本の南を低気圧や前線が通過します。太平洋側を中心に傘の出番の時間があるでしょう。また、日本海からは別の前線や低気圧が近づく見込みです。

きょうの天気(九州から東北南部) 広く雪や雨も天気回復へ

九州から関東、東北南部は、太平洋側を中心に傘の出番となりそうです。雷を伴ったり、雨脚の強まることもあるでしょう。ただ、この雨は午前中が中心で、西から急速に天気は回復に向かいます。九州は昼前には、中国や四国から東海や関東も午後は晴れてくるでしょう。東北南部の太平洋側も夜は晴れそうです。

きょうの天気(東北北部、北海道) 日本海側中心に雪や雨

日本海から近づく前線や低気圧の影響を受けるでしょう。日本海側を中心に雲が多く、雪や雨の降る時間がありそうです。太平洋側は晴れる所もありますが、夜は雪雲がかかるでしょう。

きょうの気温 北海道は広く真冬日

最高気温は、きのうと同じくらいか、高くなる所が多いでしょう。那覇は24度、鹿児島は20度、福岡は17度と、きのうより高く4月並みの気温です。高知は16度、広島12度、大阪11度、名古屋は12度で、きのうと同じか低くなるでしょう。東京は9度の予想です。北寄りの風が強まり、体感的には日中も氷点下、tenki.jpの体感温度指数も低めのランクとなっています。金沢と新潟は12度、仙台と秋田は9度で、3月並みです。札幌は氷点下2度で、北海道は真冬日になる所が多い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい