関東の週間 春の陽気 すぐに冬の寒さ

tenki.jp

あすは春の暖かさ、その先には冬の寒さが控えています。週末は、東京や横浜などで雨か雪の予報。

春のち冬、真冬、冬

向こう一週間の関東の特徴は「出だしは春の陽気 すぐに冬の寒さ」です。
【関東の天気傾向~13日(水)にかけて~】
あす7日(木)は晴れの一日になる見込みです。マークの背景はオレンジで、最高気温が平年より5度以上高いことを示しています。8日(金)は次第に雲が広がり、9日(土)は、東京、横浜、千葉、宇都宮は雪か雨。前橋は雨か雪の見込みです。東京や千葉、宇都宮ではマークの背景が濃いブルーで、最高気温が平年より5度以上低くなることを示しています。10日(日)と11日(月)は晴れ間が戻りますが、マークの背景には薄いブルーで寒さが続くことを示しています。12日(火)は、晴天の所が多く、背景は白で平年並みの気温で、まだ冬の寒さです。13日(水)は次第に雨になり、雪の交じる所もありそうです。
【関東の気温傾向~13日(水)にかけて~】
気温の傾向を詳しくみると、最低気温は、7日と8日は強い冷え込みはありませんが、9日からは平年よりも低めで、朝晩冷え込む日が続きそうです。通勤や通学の時には体に無意識に力が入ってしまうことが多くなりそうです。
一方、日中の最高気温は、7日は平年を大幅に上まわり、東京や横浜では16度~17度、前橋は18度の予想です。サクラが咲きそろう頃の陽気になりますが、長くは続きません。翌8日は前日より7度から10度近くも下がって、日中でも10度以下の所が多くなりそうでする。一転して寒くなります。そして9日は一段と下がって、東京は5度の予想。そのほかの各地も5度から7度という震えるような厳しい寒さが待っています。10日から13日は、厳しい寒さは少し緩みますが、10度以下の所がほとんどで平年より寒い日が続きそうです。7日の春の陽気は一時的で、まだ予告編といったところ。暦の上では4日から春を迎えましたが、この先は冬の寒さの日が多いでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック