今週1つ目の南岸低気圧 降るのはどっち?

tenki.jp

メイン画像 (16:39)tenki.jp

メイン画像 (16:39)tenki.jp

きょう5日は、きのうのような春の陽気から一転して、冬の寒さに逆戻り。関東では雲が日差しをブロックし、より寒く感じられたのではないでしょうか?さて、小刻みに変わる今週の天気。あす6日は、今週一つ目の南岸低気圧がやってきます。降るのは雪なのか?雨なのか?降り方は?

小刻みに変わる気圧配置

きょう5日は、関東地方は湿った北東風でなかなか日が差しませんでしたが、そのほかの地域は高気圧に覆われ、青空が広がりました。この青空をもたらしていたのは移動性の高気圧ですが、早くも主役は交代。あすは、西日本から東日本の南岸には低気圧が近づく予想です。今の時期、「南岸低気圧」というワードを聞くと「ギクッ!?」「雪は大丈夫!?」と思う方もいるかと思います。では上空の寒気の予想はどうなのか?

カギを握る上空1500m付近の気温

立春のきのうは、暖かな南風が吹き、全国的に春本番の陽気となりました。その後、いったん暖気は退散し、きょうの日本列島は、寒気が優勢となりました。ただ、あすは再び南の暖気が押し上げられ、平地で雪の目安とされる上空1,500m付近の気温-6度線が津軽海峡付近にまで北上。むしろ西日本を中心に、春の陽気をもたらすような暖かな空気が流れ込みます。このため、関東から西で降るのは雪ではなく、雨となりそうです。

あす6日 全国の天気をチェック!

沖縄の雨マークは明け方までの所が多く、次第に晴れてきます。九州から東海も、雨は午前が中心ですが、鹿児島や高知など太平洋側の一部では激しい雷雨の恐れがあります。関東は日中いっぱい雨が降りやすく、関東では傘が手放せないでしょう。平野部で雨が雪に変わる可能性は少ないとみられます。北陸と東北、北海道は、日中は日差しがありますが、夕方以降は北海道周辺で雪になる予想です。
今週は天気も気温も目まぐるしく変わります。あさって7日に再び春の陽気になったあと、週末は関東でも雪予報が出ていて、北日本では記録的な寒波が襲来する可能性があります。日々の天気予報は随時ご確認をお願いします。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック