節分から立春は雷様と冬将軍 東北

tenki.jp

あすは、天気が回復に向かいますが、あさって2月3日の節分は、日本海側を中心に短い時間に強まる雨や雪、落雷や突風に注意が必要です。4日立春は、暦の上では春になりますが、冬型の気圧配置で日本海側では積雪が増え、ふぶくところがあります。

2日(土)冬型ゆるむ

高気圧に覆われて、太平洋側を中心に晴れる見込みです。寒気の影響が残る日本海側は、午前中に雪が降り、雷を伴って降り方の強まるところがあるでしょう。午後は次第に雪が止んで、晴れるところがありそうです。

3日(日)節分 お出かけは早い時間に

日本海から低気圧が近づいてくるでしょう。東北地方には南から湿った空気が流れ込こむ予想です。雲が広がり、午後は日本海側を中心に雨や湿った雪の降るところが多くなりそうです。夜は雷雲が発達して、雨や湿った雪が強まるおそれがあります。急に強まる雨や雪、落雷や突風にお気をつけください。積雪の多い地域では、屋根からの落雪やなだれにもご注意ください。

4日(月)立春 冬将軍がやってくる

活発な寒冷前線が通過する予想です。午前中は雨や湿った雪が降り、日本海側を中心に雷を伴って降り方の強まるところがあるでしょう。午後は冬型の配置が次第に強まる予想です。暦の上では春になりますが、東北北部上空1500メートル付近には平年より5度低いマイナス15度以下の強い寒気が流れ込む予想です。日本海側の雨は雪に変わり、風も強まるでしょう。大雪やふぶきになるおそれがあり、交通機関の乱れや路面状況、ふぶきによる見通しの悪さに注意が必要です。太平洋側では、沿岸部は次第に晴れる見込みですが、北西の冷たい風が強まるでしょう。季節風に乗って山沿いを中心に雪雲が流れ込みそうです。

気温の変化に要注意

【2日(土)】
朝はこの時期らしい冷え込みになるでしょう。水道や路面の凍結にお気をつけください。日中は、南から次第に流れ込む暖かい空気と日差しの影響で、平年より高いところが多くなるでしょう。太平洋側南部を中心に3月並みの気温になるところがあり、厳しい寒さが和らぎそうです。
【3日(日)節分】
さらに気温が上がり、最低気温、最高気温ともに3月並みの気温になるところが多いでしょう。日中は北部でも10度を超えるところもありそうですが、この暖かさは一時的です。
【4日(月)立春】
暖かな空気の影響が残って、最低気温、最高気温は、平年より高いところが多い予想です。ただ、午後は、流れ込む寒気の影響でグッと気温が低くなり、厳しい寒さが戻ってくるでしょう。服装選びにご注意ください。
今週末から週明けにかけての気温は、大きく変化する予想です。厳しい寒さから3月並の暖かさへ、そして再び厳しい寒さに戻り、体調を崩しやすくなりそうです。風邪やインフルエンザの予防は念入りに行い、バランスの良い食事と睡眠を十分に取って、体調管理は万全にしてお過ごしください。

来週は東北各地は雪まつりシーズン

東北地方では、来週は各地で雪まつりが開催されます。
向こう一週間、来週5日(火)以降も、天気は短い周期で変化して、日本海側を中心に雪やふぶく日が多く、太平洋側でも風の強まる日がありそうです。最低気温、最高気温は平年より低く、厳しい寒さになる日が多くなるでしょう。各地の雪まつりへは、最新の気象情報を確認の上、寒さ対策は万全にしてお出かけください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック