週間 3日から5日 春の嵐から冬の嵐へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 3日から5日 春の嵐から冬の嵐へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この先、季節は一進一退。特に4日(立春)の前後は、春を呼ぶ南風が強まったり、北風が強まったりと、天気と気温の変化が激しくなりそう。

あすの天気 穏やかな晴天に

あす2日、冬型の気圧配置が緩み、次第に高気圧に覆われるでしょう。
【天気】
北海道と東北は、午前中は日本海側を中心に雪で、ふぶく所があります。午後は雪が止んできて、風も次第に収まるでしょう。
北陸も昼前までは雪や雨の所がありますが、天気は回復に向かいます。
関東から九州、沖縄にかけては、おおむね晴れるでしょう。
【気温】
朝は全国的に今朝と同じくらいで、この時期らしい冷え込みです。日中は、北海道は平年より低めで0度に届かない所が多いですが、そのほかの各地は平年より高くなるでしょう。東北北部は5度前後、東北南部と北陸は8度前後、関東から九州は12度前後、沖縄は20度前後まで上がる見込みです。
全国的に、冷たい北よりの風が収まり、ホッとできそうです。

あさって以降

「3日(節分)から4日(立春)の前半」にかけて、「暖かい南風」が次第に強まり、春の嵐となりそうです。低気圧が発達しながら日本海を進むためです。気温がグンと上がり、雪が降るのは北海道に限られ、ほかは広く雨となりそうです。山では、気温の上昇と雨で雪が緩むため、ナダレにいっそうの注意が必要です。
「4日(立春)の後半から5日(火)」は、一転して冬型の気圧配置が強まります。日本海側は広い範囲で雨から雪に変わるでしょう。特に、北海道や東北では雪と風がともに強まり、冬の嵐となるおそれがあります。全国的に「冷たい北よりの風」が吹き、グッと寒くなるでしょう。
6日(水)は北風が収まり、気温が平年並みか高くなる所が多いですが、7日(木)は北日本で、8日(金)は東日本で寒さが厳しくなりそうです。日々の寒暖の差が大きくなります。体調を崩さないよう、服装選びは慎重になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい