31日 全国的に雨具が必要 都心でも雪か

tenki.jp

31日(木)は、全国的に雨具が必要になりそうです。関東では夕方から広く雨や雪となり、夜はグッと気温が下がって、平野部でも雪に変わる所があるでしょう。

広く雨や雪 季節風強い

31日(木)は、全国的に天気が崩れそうです。沖縄は湿った空気が流れ込むため、午後になると曇り空に変わり、夜は、にわか雨の所があるでしょう。九州から関東にかけては、本州の南に延びる前線や前線の上を進む低気圧の影響を受ける見込みです。九州から近畿では、朝から広い範囲で雨が降るでしょう。午後はだんだんと寒気が流れ込むため、日本海側の山沿いを中心に雪になりそうです。風が冷たくなるでしょう。
北陸は雨が降ったりやんだりで、夕方以降は雪に変わりそうです。東海は夕方から傘の出番でしょう。東北と北海道は日本海側で雪が降り、風が強くふぶく所がありそうです。

関東地方は夕方から広く雨や雪に

31日(木)の関東地方は、これまでとは一転して雲の多い天気になりそうです。神奈川県や千葉県など早い所では、朝から一時的に弱い雨が降るでしょう。場所によって、通勤の時間帯から傘が必要になりそうです。その後、昼頃にはいったん、雨がやむものの、夕方からは再び雨となり、山沿いでは雪雲がかかりそうです。気温がグッと下がる夜遅くは、平野部でもみぞれや雪に変わる所があるでしょう。ただ、降る量は少なく、降る時間も短いため、大雪になることはなさそうです。積もってもうっすら白くなるくらいとみられます。
都心の時系列予報では、夜9時からみぞれになり、だんだんと湿った雪になる見込みです。ただ、降水量は1時間に1ミリくらいと量が少なく、かなり湿っているため、雪が降っても本格的に積もるようなことはなさそうです。
寒さに注目すると、気温は遅い時間になると、2度くらいから0度近くまで下がりそうです。北寄りの風が4メートルくらい吹きますので、体感温度は氷点下に感じられるでしょう。夜遅い時間になるほど、マフラーや手袋など、万全な寒さ対策が必要です。

空気は潤う?

2月が間近に迫っていますが、これまでの1月の降水量は東京都心で0.5ミリ。このまま降水がなければ、1月としては歴代3位の少なさになり、空気はカラカラです。1月の最終日に関東では広く降水が予想されていますが、降る量は少ないため、空気が潤うほどではなさそうです。引き続き、手洗いやうがいを徹底するなど、体調管理に一層の注意が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック