秋田県で29.9メートルの暴風

tenki.jp

東北地方では、きょう29日夕方にかけて雪を伴った暴風が吹き、日本海側の海上では、きょう昼過ぎにかけて大しけの見込み。暴風雪や高波に警戒し、大雪に注意。

秋田・茨城で記録的な風

きのう東北地方を通過した低気圧が、きょう29日は三陸沖で発達しています。低気圧は大陸からの寒気を伴っていて、日本付近は冬型の気圧配置になっています。
このため東北地方を中心に、北海道から本州中部にかけて北または西寄りの風が吹き荒れています。きょう未明から朝方にかけての各地の最大瞬間風速は、秋田県八峰町八森で29.9メートル、青森県深浦町で28.5メートル、新潟県佐渡市の弾崎灯台で27.6メートルを観測。
秋田県の能代市27.1メートル、大潟村24.2メートル、茨城県北茨城市22.2メートルの3地点は、1月の1位となる記録的な暴風になりました。
この荒れた天気は、きょう夕方まで続く見込みで、警戒・注意が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック