29日 北風 東北で暴風 太平洋側は乾燥 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

29日 北風 東北で暴風 太平洋側は乾燥

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


北海道から東海は広く北風が吹く。東北では暴風雪や暴風に警戒、大雪に注意。また、東北から九州は太平洋側を中心に空気の乾燥した状態が続く。お出かけの前に火の元の確認を。

きょうの天気

29日(火)は、北海道渡島半島付近の低気圧は、南東へ進む見込みです。三陸沖の別の低気圧は発達しながら東へと進み、北日本、東日本を中心に冬型の気圧配置となるでしょう。昼頃にかけて上空5300メートル付近で大雪の目安とされる氷点下36度以下の寒気が東北南部まで南下する見込みです。
【暴風雪・暴風、大雪】東北は、日本海側は昼過ぎにかけて暴風雪に、太平洋側は夕方にかけて暴風に警戒が必要です。予想される最大瞬間風速は日本海側、太平洋側ともに30メートルです。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹くでしょう。吹雪や吹きだまりにより交通へ影響がでる恐れもあります。また、日本海側を中心に大雪に注意して下さい。予想される降雪量は、あす(30日)午前6時までの24時間で多い所、日本海側の山沿い30センチ、平地で20センチです。【強風と乾燥】北海道の太平洋側や関東、東海も北または西よりの風がやや強く吹くでしょう。東北から九州の太平洋側を中心に空気の乾燥した状態が続く見込みです。火災の発生しやすい気象条件です。火の元、火の取り扱いにご注意下さい。また、風邪やインフルエンザにもお気をつけ下さい。【各地の天気】北海道は、オホーツク海側や太平洋側は昼頃にかけて雪が降り、ふぶくでしょう。日本海側も午前中は雪の降る所がありそうです。午後は天気は回復へ向かい、風も次第におさまるでしょう。東北は、日本海側は雪や吹雪でしょう。雪雲は太平洋側へも流れ出しそうです。午後は雪は次第に弱まり、夜にはやむ見込みです。北陸は、昼頃にかけて雪や雨が降るでしょう。局地的に雷が鳴り、降り方の強まることがありそうです。午後はやむ所が多いでしょう。関東は、青空が広がる見込みです。夜にかけて晴れの天気が続くでしょう。北部の山では昼頃にかけて雪の降る所がありそうです。東海も、よく晴れる見込みです。山の雪は朝までです。近畿は、雲が多く、昼前まで北部に雪雲や雨雲のかかる所があるでしょう。夕方以降は南部から次第に晴れてくる見込みです。山陰は、朝まで所々で雪や雨が降るでしょう。天気はゆっくり回復へ向かいます。夕方以降は雲は少なくなるでしょう。山陽は、朝は雲が多いですが、次第に青空が広がる見込みです。四国や九州は、多少雲が広がる程度で、日差しがたっぷり届きそうです。風も比較的穏やかでしょう。沖縄も大体晴れる見込みです。

きょうの最高気温

那覇は21度、鹿児島は14度、福岡は13度、高知は12度、広島は11度、松江は10度、大阪は10度、名古屋は9度の予想で、きのう(28日)と同じくらいでしょう。東京は11度の予想で、きのうより2度ほど低くなるでしょう。風が冷たく感じられそうです。金沢と新潟は6度の予想で、きのうと同じくらいかやや低いでしょう。仙台は7度の予想で、きのうより3度くらい低くなりそうです。秋田は4度の予想で、きのうと同じくらいでしょう。札幌は0度の予想で、きのうより2度くらい低くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい