関東 晴天続くも「風冷え」注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 晴天続くも「風冷え」注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


あす29日(火)の関東地方は、きょうの南風から一転、冷たい北風が吹きます。日差しが届いても暖かさは感じられず、北風に震える一日となりそうです。

乾燥した晴れの天気続く

北日本付近の低気圧や前線は東に離れ、本州付近は一時的に冬型の気圧配置となりそうです。あすの関東地方は、きょうよりも雲が少なくなり、平野部ではすっきりと晴れる所が多いでしょう。北部の山沿いで午前中に雪が降るほかは、雨や雪の降ることはなく、お湿りはまたお預けとなりそうです。あすの関東地方も、空気がカラカラに乾いた状態が続きます。火の取り扱いや体調管理にお気を付け下さい。

北風吹き「風冷え」に

きょうの関東地方は、南部の沿岸部を中心に南風が吹き、最高気温は14度くらいまで上がった所がありました。一方、あすになると風向きが一転、冷たい北寄りの風が吹くでしょう。最高気温はきょうよりも下がる所が多く、10度前後の見込みです。北寄りの風が強まる時間があり、体感的には気温の数字よりもグッと寒く感じられるでしょう。風を通しにくい服装で、暖かくしてお過ごしください。

乾燥いつまで?

この先も関東地方は、北部の山沿いを除いて、晴れて乾燥する日が多いでしょう。ただ、31日(木)は本州の南に前線がのび、この前線に伴う雨雲や雪雲が関東地方にかかる可能性があります。今のところ、神奈川や千葉といった沿岸部のみで雨が降る予想ですが、前線の動きによっては内陸部にも雨や雪の範囲が広がることがあるでしょう。カラカラ空気を潤す雨となるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい