分かれる寒暖 関東南部で気温差大きく 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

分かれる寒暖 関東南部で気温差大きく

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょうの関東地方には、北日本付近を通過中の低気圧に向かって、南から暖かな南風が流れ込みました。沿岸部を中心に風が強まったものの、都心などではこの時期としては気温が高くなりました。

低気圧に吹き込む南風

きょう28日(月)の関東地方には、北日本付近を発達しながら東進する低気圧に向かって、南から暖かい空気が流れ込みました。関東地方の沿岸部は、ちょうど南寄りの風の通り道となり、この時期としては暖かな空気に包まれました。

気温に風が影響

この南風は、気温の分布にも大きな影響を及ぼしました。関東地方の気温分布と風向を比べてみると、南風が流れ込んだエリアでは最高気温が14度前後まで上がった一方、南風の流れ込みが弱かったエリアでは10度に届かなかった所もありました。東京都心でも最高気温は13.2度(3月中旬並み)となり、風の違いが気温に大きな差をもたらしたといえます。

沿岸部は南風強まった所も

きょう昼頃からは、関東南部を中心に南寄りの風が強まりました。都内でも最大瞬間風速20.0メートルを超えた地点があるほか、沿岸部を中心に最大風速が10メートルを超えた所が多くなりました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい