週間 寒さ緩んだ後に冬の嵐 繰り返す 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

週間 寒さ緩んだ後に冬の嵐 繰り返す

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D


30日(水)は南風が吹き春先の気温に。春遠からじと思いきや、1日(金)は北風が吹き真冬の寒さ。北海道や東北は日本海側を中心に大荒れの恐れ。節分は寒さ緩むも、立春は冬に舞い戻る。

あすの天気

29日(火)は、北日本を中心に冬型の気圧配置となるでしょう。上空5300メートル付近で大雪の目安とされる氷点下36度以下の寒気は東北南部まで南下する見込みです。
【雪風強まる・大雪も】北海道から北陸は、昼頃にかけて雪や風が強まるでしょう。東北は暴風雪に警戒が必要で、北海道や東北を中心に大荒れ、山沿いは大雪の恐れがあります。関東や東海も北または西よりの風がやや強く吹くでしょう。【各地の天気】北海道は日本海側は朝まで雪の降る所がありますが、天気は回復へ向かう見込みです。オホーツク海側や太平洋側は昼頃にかけて雪が降り、ふぶくでしょう。東北北部は雪で太平洋側で朝はふぶく所がありそうです。雪や風は日中は次第におさまるでしょう。東北南部も雪が降り、太平洋側は吹雪となる所があるでしょう。雪は夜にはやむ見込みです。北陸は断続的に雪や雨が降り、昼前まで雷が鳴り、降り方の強まる所があるでしょう。関東や東海は青空が広がる見込みです。山では朝まで雪雲のかかる所があるでしょう。近畿は朝まで北部の所々で雪や雨が降りそうです。日中も雲が多いですが、南部では午後は日差しが届くでしょう。山陰は明け方まで雪雲のかかる所がありそうです。日中も雲が多いでしょう。山陽は山で未明まで雪の舞う所がありますが、次第に雲は少なくなりそうです。四国や九州は多少雲が広がる程度で、大体晴れるでしょう。沖縄もおおむね晴れる見込みです。

あすの気温

最低気温は、けさ(28日)と同じくらいか高くなる所が多い予想です。釧路ではけさより10度も高く、3月下旬並みでしょう。最高気温は、平年並みかやや高い所が多い予想です。北海道から関東、東海では風が冷たく感じられるでしょう。

あさって以降の天気「春隣り」寒暖の差が大きい

30日(水)は、北海道の北を低気圧が東へ進む見込みです。全国的に晴れ間が広がり、南風が吹くでしょう。夜になると日本海側で雨、北海道では雪の降る所がありそうです。最高気温は3月上旬から中旬並みとなる所があり、北陸や甲信では前日より5度くらい高くなる所があるでしょう。
31日(木)は、北日本を中心に冬型の気圧配置となる見込みです。北海道や東北は再び雪が降り、日本海側を中心に大荒れの天気となる恐れがあります。北陸も雨や雪が降る見込みです。関東から九州にかけては気圧の谷の影響で、雲に覆われるでしょう。甲信は雪が降り、関東にも雨雲がかかるかもしれません。東海から九州にかけては広く雨が降るでしょう。最高気温は平年より高めで、東京都心では3月上旬並みの予想です。2月1日(金)も、北日本を中心に冬型の気圧配置が続く見込みです。上空1500メートル付近で、平地で雪の目安とされる氷点下6度以下の寒気が関東付近まで南下するでしょう。上空5300メートル付近で氷点下36度以下の寒気は北海道付近に南下する見込みです。北海道や東北は日本海側を中心に大荒れの天気が続きそうです。北陸から中国地方、九州にも日本海から雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。関東から九州の太平洋側は晴れ間の広がる所が多い見込みです。広く北風が吹き、この時期らしい寒さに戻るでしょう。
2日(土)は、高気圧が日本の南を東へ移動する見込みです。北海道から北陸の雪はやむ所があり、山陰から九州北部は晴れ間が広がる見込みです。南から暖かい空気が流れ込み、最高気温は広く平年より高くなるでしょう。東京都心は3月上旬並みとなる予想です。

節分は春先の気温の所も「立春は冬の寒さ」

3日(日)「節分」は、西から気圧の谷が近づき、北海道は雪で、東北から九州も曇りや雨でしょう。日差しが届かなくても、最高気温は平年より高めの状態が続きそうです。
4日(月)「立春」、暦の上ではいよいよ春です。暦とは裏腹に、強い寒気が流れ込みそうです。北海道や東北は太平洋側も含めて広く雪が降り、北陸も雨や雪でしょう。関東から九州は晴れ間が広がる見込みです。最高気温は北海道から近畿にかけて冬の寒さに舞い戻るでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい