28日 雪崩・強風・落雷 北は再び雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

28日 雪崩・強風・落雷 北は再び雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


中国地方から北陸は昼頃から雨や雪。雪崩に注意を。東北や北海道も再び雪に。広く日本海側を中心に風が強まる。北陸付近では雷が鳴り、雨や雪が強まることも。

きょうの天気

きょう(28日)は、低気圧が発達しながら日本海北部を東へ進み、夜には北海道に近づく見込みです。低気圧から寒冷前線がのび本州を通過するでしょう。北陸付近では大気の状態が不安定になりそうです。
【雪崩】中国地方や北陸、甲信の雪の積もっている地域では、雨や湿った雪、日中の気温上昇により雪崩が発生する恐れがあります。【強風】九州から北海道では広く南のち北よりの風が吹き、日本海側を中心に強めに吹くでしょう。太平洋側でも沿岸部では強風の吹く所がありそうです。【風雪】東北や北海道では雪を伴った風にご注意下さい。【落雷】日本海側では雷の鳴る所があり、突風が吹くこともあるでしょう。【各地の天気】
沖縄は朝は雲が多いですが、昼頃は晴れ間が広がる見込みです。夕方から再び雲が広がりそうです。九州や四国は雲が広がりやすいでしょう。にわか雨やにわか雪の所がありそうです。中国地方も日中は雲に覆われるでしょう。昼頃からあちらこちらで雪や雨が降る見込みです。近畿も雲が多いでしょう。午後は所々で雨が降り、夜は雪に変わる所がありそうです。降り方の強まることもあるでしょう。北陸は昼頃から雨が降り出し、次第に雪に変わる見込みです。夜は山沿いを中心に雪が強まるでしょう。東海は雲が多く、午後は雨雲や雪雲のかかる所がありそうです。関東は雲が広がりやすいでしょう。午後は日差しが届く所がありそうです。ただ、千葉の沿岸部では夕方以降、本州の南にのびる前線の影響で、雨雲のかかる所があるでしょう。雷の鳴ることもありそうです。東北は南部は日本海側は昼頃から湿った雪や雨が降り、夕方以降は太平洋側にも雪雲が流れ込れ出すでしょう。北部は午前中から雪が降り、日本海側では強まることがありそうです。北海道は昼前から日本海側に雪雲がかかり、夜にはオホーツク海側や太平洋側も雪となるでしょう。局地的に強く降ることがありそうです。

きょうの最高気温

最高気温は、きのうと同じくらいか、高くなるでしょう。那覇は平年並みで、20度まで上がりそうです。鹿児島は15度、福岡と高知は12度、広島は11度、大阪は10度、名古屋は9度で、九州から東海は平年並みか2月並みでしょう。東京は2月下旬並みの11度で、寒さが少し和らぎそうです。金沢と新潟、仙台は8度、秋田は5度、札幌は3度の予想です。北陸や東北と北海道も2月下旬から3月中旬並みで、寒さが少し緩むでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい