28日 関東 沿岸部は強い南風に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

28日 関東 沿岸部は強い南風に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(28日)は雲が多いですが、降水は一部に限られそうです。沿岸部は昼頃を中心に強い南風に注意が必要です。

風が最も強まる時間帯は??寒さは??

きょう(28日:月曜)の関東の特徴は「雲が多めでも降水ほとんどなし 沿岸部は強い南風に注意」です。
【関東の天気(28日:月曜)】
きょう(28日:月曜)の関東地方は気圧の谷が通過する影響で雲が多いでしょう。ただ、雨や雪は降らない所がほとんどです。各地の降水確率は午前、午後とも低く、10%以下です。千葉県南部では夕方から局地的な雨や雷雨があるでしょう。また、次第に冬型の気圧配置になるため、平野部は夕方以降広く晴れる見込みです。北部の山沿いでは夜から雪が降る見込みです。なお、きょうは沿岸部を中心に風が強まります。風が最も強まる時間帯は正午から午後3時頃までで、東京や茨城は5メートル前後、千葉や神奈川は8メートルから10メートルくらいの南風が予想されます。ビル風などの影響もあり、瞬間的にはさらに強い風が吹くこともあります。交通機関に影響が出るほどではないですが、自転車で移動の際などは強い風にあおられないようにご注意下さい。
【関東の最高気温(28日:月曜)】
けさ(28日:月曜)は、氷点下の冷え込みの所が多くなっています。通勤や通学の際は万全な防寒をしてお出かけください。日中の最高気温は11度前後の予想で、冷たい北風が吹いたきのう(27日:日曜)よりやや高くなるでしょう。きょう(28日:月曜)は南寄りの風で、日差しが少ないわりには最高気温の予想は、きのう(27日:日曜)よりも高めです。各地で最高気温が観測されるのは午後1時頃になりそうですが、この時間帯は沿岸部でちょうど南風が最も強まる時間帯でもあります。南寄りの風とはいえ、強めに吹くと、やはりこの時期は寒く感じられるでしょう。風を通さないように暖かくしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい