雪舞う関東 夕方にかけてちらちら 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雪舞う関東 夕方にかけてちらちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


広く晴天の関東地方ですが、このあとも平野部を含め局地的に雪や雨が降るでしょう。南部の平野部で雪の積もることはありませんが、沿岸部を中心に落雷に注意が必要です。

雪舞う関東地方 東の空に尾流雲

きょうの関東地方は平野部では広く晴れています。ただ、けさは水戸で初雪を観測するなど、沿岸部を中心に弱い雪の降った所がありました。昼前には都心からも、上空の雲から雪の落ちる様子を確認できました。これは、尾流雲(びりゅううん)といわれるもので、雨や雪が落下する途中で、地上に達していないものです。地上で雨や雪とならなくても、飛行中の航空機や高層ビルの上層階などでは影響を受けることがあります。

このあとも雪ちらちら?

このあと夕方にかけて、関東地方を気圧の谷が通過する見込みです。上空には強い寒気が流れ込んでいることもあり、このタイミングで南部の平野部でも雪雲や雨雲のかかる所がありそうです。平野部では雪が降ったとしても積もることはない見込みですが、局地的に雷を伴うでしょう。晴れていても、空模様の変化にご注意ください。

山沿いは引き続きなだれ等に注意

北部では山沿いを中心に、このあとも雪の降る時間があるでしょう。また、これまでの雪で積雪が150センチを超えている所(きょう午後1時現在)もあります。なだれに注意するとともに、山道の運転の際には路面の状況にお気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい