発達する低気圧 雪や凍結に注意 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

発達する低気圧 雪や凍結に注意 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


25日(金)夜から26日(土)は、東北地方では普段雪の少ない地域で積雪になったり、積雪のある地域では、積雪が増えるおそれがあります。交通機関が乱れるおそれがありますので、お出かけ予定のある方は、時間に余裕のある行動を心がけましょう。

26日(土) 太平洋側で積雪のおそれ

低気圧が関東の東海上で発達する予想です。東北地方では、低気圧に近い南部は午前中を中心に雪が降るでしょう。仙台や福島の平地でも積雪が予想され、福島県浜通りでは今季初めての本格的な積雪になるおそれがあります。交通機関が乱れる可能性がありますので、お出かけ予定のある方は、時間にゆとりをもって、移動の際には交通情報も合わせて確認するようにしましょう。
また、上空約5000メートル付近にマイナス39度の強い寒気が入り、夜にかけて冬型の気圧配置が強まる予想です。北よりの風が強まる影響で、岩手県沿岸北部や青森県三八地域でも雪が強まりふぶくおそれがあります。見通しの悪さや路面の凍結に注意が必要です。波も次第に高くなりますので、高波にもお気をつけください。

27日(日) 日本海側を中心に雪

冬型の気圧配置が続くでしょう。日本海側は雪が降り、ふぶくところがあるでしょう。太平洋側は、南部を中心に晴れるところが多い見込みです。ただ、強い季節風に乗って山沿いを中心に雪雲が流れこむことがあるでしょう。また、海上は波の高い状態が続きそうですから、海岸付近には近づかないようにしましょう。

厳しい寒さ!! 水道や路面の凍結注意

上空に流れ込む強い寒気の影響で、あす26日(土)から27日(日)にかけての最高気温、最低気温は、ともに平年よりも低くなるところが多い予想です。日中も厳しい寒さになりますが、朝晩の冷え込みが特に強まるでしょう。今季一番の冷え込みになるところがありそうです。水道が凍結する程、気温の下がるところが多くなりますので、お休み前には、水抜の確認など、水道凍結防止の対策をするようにしましょう。雪の積もっている地域では、路面状況にも気をつけて、時間と心にゆとりを持って、車に乗る際にはいつも以上に慎重な運転を心がけましょう。

積雪増!! 除雪作業の事故に注意

来週も、発達しながら通過する低気圧や、強まる冬型の気圧配置の影響で、日本海側を中心に雪やふぶく日が多くなる予想です。重く湿った雪の影響で除雪作業は一段と重労働になりそうです。屋根から落雪などに注意しながら、安全第一で行いましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい