関東の週間 平野部で積雪も 東京も雪予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東の週間 平野部で積雪も 東京も雪予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


最新の「関東の週間予報」では、平地でも雪の降る日がありそう。26日は関東北部の平野部でも積雪となる所があり、大雪の恐れも。東京でも2月1日に雪の可能性があります。

26日 平野部で積雪・大雪の恐れも

26日は、関東の平野部では、明け方まで所々で雪が降り、積雪となる所もあるでしょう。水戸地方気象台からは雪の降る量の予想も発表されており、26日6時までの24時間に予想される雪の降る量は、多い所で、茨城県北部で3センチ、茨城県南部で1センチとなっています。降る雪が全て積もるわけではありませんが、関東の平野部でも雪化粧する所がありそうです。また、低気圧のコース次第では、予想よりも降水量が多くなったり、気温が低くなったりして、大雪になることも考えられます。路面が凍結したり、見通しが悪くなったり、交通機関に影響がでる恐れもありますので、時間に余裕をもって、お出かけ下さい。

北部の山沿い 27日かけて積雪が急増

一方、27日にかけては、冬型の気圧配置が強まるため、関東北部の山沿いでは、積雪が一気に増えるでしょう。26日6時までの24時間に降る雪の量は、関東地方北部の多い所で15センチとなっています。その後も積雪はさらに増えて、27日6時までの24時間に降る雪の量は、関東北部の多い所で50から70センチと予想されています。急に大雪になりますので、なだれや屋根から落ちる雪などに、十分お気をつけ下さい。

2月1日頃 都心でも雪か

そして、来週は平野部では晴れる日が続きますが、次に平野部で天気が崩れるのは、2月1日頃でしょう。今のところ、1日の夜は、都心や千葉でも雪の降る可能性がでてきました。まだ先のことなので、予報にブレがありますが、この頃は、また強い寒気が入る予想なので、降るものがあれば、関東の平地で雪になってもおかしくありません。雪の降る量や時間帯によっては、翌朝に路面が凍結することも考えられます。ちょうど受験シーズンの真っ最中ですので、最新の天気予報と交通情報を、こまめに確認して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい