週末 厳しい寒さと雪 九州北部 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週末 厳しい寒さと雪 九州北部

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう(24日)の九州北部は暖かな日差しが降り注ぎ、日中は3月並みの陽気となりましたが、あす(25日)は夜から寒気が流れ込み、冷たい雨や雪が降り出す所があるでしょう。26日(土曜日)から27日(日曜日)朝にかけては、九州北部は雪や雨が降りやすくなり、山沿いを中心に積雪する所があるため、注意が必要です。

九州北部 週末は山沿いで積雪も

九州北部はあす(25日)日中まで寒の内としては寒さが緩んだ状態が続きますが、あす夜から次第に寒気が流れ込むため、夜遅くには冷たい雨や雪が降り出す所があるでしょう。特に26日(土曜日)は冬型気圧配置が強まり、日本海から北寄りの風に乗り寒気に伴う雲が流れ込んでくる見込みです。福岡県・大分県は雪や冷たい雨が降りやすく、山沿いを中心に積雪する所があるため、車の運転などに注意が必要です。ドライバーは冬用のタイヤやチェーンを準備して下さい。
27日(日曜日)は朝まで雪や雨が残る所がありますが、午後は寒気の流れ込みが峠を越え、天気は回復に向かう見込みです。

九州北部 寒さ厳しい

今回の寒気の底はあさって(26日)で、九州北部上空1500メートル付近には氷点下9度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州北部は26日の最高気温が8度前後に留まり、各地で厳しい寒さとなるでしょう。昨年末の12月28日から30日ほどの寒波ではありませんが、このところ3月並みの暖かさが続いていますので、かなり寒さは厳しく感じられそうです。灯油を買い足しておくなど、寒さへの備えをしておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい