今週末 冬将軍が西まで南下 福岡も雪予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週末 冬将軍が西まで南下 福岡も雪予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


今週末(26日・27日)は冬将軍が西日本でも大暴れ。山陰など雪の少なかった所もドカ雪の恐れがあり、京都や松山、福岡でも雪予想。26日(土)は東京もチラチラ雪が舞う可能性あり。最新の予報をこまめに確認お願いします。

西日本 年末寒波以来の強い寒気

この冬は強い寒気は北日本止まりのことが多かったですが、今週末26日(土)・27日(日)は、北日本や北陸だけでなく、関東から九州にかけて東日本から西日本にも強い寒気が流れ込む見込みです。平地で雪の目安となる上空1500メートルでー6度のラインは関東の南から九州まですっぽり。この冬は山陰など西日本の日本海側で記録的に雪が少なくなっています。西日本で現在、積雪が一番多い鳥取県大山(だいせん)でも56センチ(23日15時まで)と、平年の60%となっています。今週末、西日本では日本海側を中心に一気に積雪が増える恐れがあり、近畿や四国など太平洋側にも雪雲が流れ込む見込みです。26日(土)は、京都や松山、福岡も雪の予想です。北日本から西日本の日本海側を中心に大雪や吹雪に十分ご注意下さい。

関東もチラチラ?パラパラ?

今週末、上空の寒気で注目すべき点です。上空5000メートル付近でー36度が輪島にかかると日本海側で大雪の目安とされていますが、このー36度が関東南部まで南下する予想です。関東の上空の気温を測っているのは茨城県つくば市にある館野ですが、上空5000メートルでー36度は年に1度あるかないかのレベル。もしー36度であればこの冬1番です(この冬1番は2019年1月3日:-30.8度)。冷たい空気が入っているところに、風と風がぶつかり雨雲や雪雲が発生すると、局地的に雪がチラチラ、雨がパラパラ降るかもしれません。26日(土)は大気の状態も不安定なため、東京でもチラチラ雪が舞う可能性はあります。東京は1月12日(土)に初雪となりましたが、まだ銚子や横浜、水戸では初雪が観測されていないため、今週末は初雪の便りが届くかもしれません。受験シーズンでもあります。最新の情報をこまめに確認お願いします。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい