低気圧急発達 天気急変も 冬の嵐警戒

tenki.jp

低気圧急発達 天気急変も 冬の嵐警戒

メイン画像

日本海北部の前線を伴った低気圧が、あすにかけて急速に発達しながら北海道付近を通過します。また、北日本の上空には非常に強い寒気が流れ込んでいて、雪が降ると大雪となり、積雪が一気に増加するおそれがあります。低気圧の動きと、天気の急変に注意が必要です。

北海道は道東中心に大荒れ

きょう23日(水)は、北海道の日本海側ではすでに雪の降っている所がありますが、この雪の範囲は徐々に広がります。こんやには広い範囲で雪となり、西よりの風も強まるでしょう。特に、いま晴れている所のある太平洋側やオホーツク海側では、あすにかけて大荒れとなるおそれがあります。見通しのまったくきかない猛ふぶきのほか、湿った重い雪による落雪などにも警戒が必要です。天気が一変するため、空模様の変化にお気をつけ下さい。

東北や北陸中心に雪強まるおそれ

東北や新潟のほか、関東甲信でも北部山沿い中心に雪の降り方に注意が必要です。日本海の低気圧に伴う前線や上空の強い寒気の影響で、あすにかけて雪の降り方が強まり、一気に積雪の増える所があるでしょう。東北では、日本海側だけでなく太平洋側でも、ふぶく所がありそうです。また、局地的に雷を伴うため、落雷に注意が必要です。車の運転などの際には、路面の状況にお気を付け下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック